カレンダー

«?2010年11月123456789101112131415161718192021222324252627282930

『医療システム研究所』 会員ページでの掲載内容 ※匿名希望の方からの投稿です

|


前に医療システム研究所の欄に掲載されている内容で、確かに謝礼金はHP上のTOPには掲載していませんが、無料の会員登録をするとすぐにIDとパスワードが送られてきますので会員ページから入ると謝礼金だけではなく除外基準、副作用や治験薬剤名などがモロにのっているのであんまり変わっていないというよりもむしろ前より治験薬情報とか除外基準の情報が垂れ流し?のようになっており酷くなっている様に思えます。

除外基準に関しては会員ページに載せてしまっており、虚偽申告のやりたい放題となっています。
(治験に参加した時に一緒になったボランティアの人が、医学ボランティア会は最初から除外基準が記載されているから虚偽申告しやすいと言っていたので間違いないと思います。)

最近、治験情報局ブログを拝見させて頂いていると治験の杜撰な対応ばかりみえてくるので怖いですよね。 
特にボランティア、ボランティアとどこの施設所でも言っておりますけど結局のところ金銭誘導がほとんどみたいですね。 
本音と建前の違いなんでしょうけど、そういう風に施設所が対応しているから僕たちに、本人も気がつかないような見下した電話対応とか杜撰な対応とかするんでしょうね。

※管理者 記
投稿ありがとうございました。情報を頂いたので調べさせていただきました。

下記がその画像です。(実際に製剤名と製薬メーカー名などはのっておりましたが、伏せさせていただいております。)
-----------------------------------------



このブログ記事について

このページは、管理人が2007年6月22日 14:59に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「2007年6月20日の投稿記事の反響に対するお礼」です。

次のブログ記事は「関野病院の入院のときの様子」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。