カレンダー

«?2010年11月123456789101112131415161718192021222324252627282930

『ニューイング』 オススメの治験紹介業者 ※774@さんからの投稿です

|

一番お勧めです。
北里大学病院の治験だと前健診・治験共に必ずビジネスホテルに前泊になります。
ホテルは病院の目の前の相模原オリエンタルホテルか相模原駅前のグリーンホテルになります。
どちらも普通のビジネスホテルです。

昨年8月の時点ではどちらのホテルからもニューイング負担でタクシーで病院まで移動だったのですが、今年5月の時点ではバス移動、それも参加者負担に変わっていました。

北里の入院施設は病院の5Fの治験専用フロアです。4人部屋でベッド間のピッチは広いです。

娯楽室にはテレビ・プレステ2があり蔵書も比較的多い部類だと思います。

投薬中以外は建物内であれば看護師に断って自由に出入り出来ます。地下に売店があるので蔵書に無い読みたい雑誌などがあればここで買えますが、治験の入院着は売店の方も知っているので食べ物は買えません。

病棟の外と1Fロビーにコイン式のインターネット端末があります。

携帯電話は夜回収されますが、日中は自由に使えます。病室での通話は禁止です。

食事は普通で2リットルの水と麦茶が常に置いてあります。

前日夜9時から断食ですので、前健診終了時(11時半位)には仕出屋の弁当が出ます。

前健診費は5000-10000円位です。前泊する必要があるので時間的拘束は長いですが、十分見合う額ではないかと思います。

難点は夜カーテンを閉められないのと病室入口の引き戸を開けておく必要がある、交通の便が悪い(相模原駅からバスで片道320円掛かる)などです。

ニューイングと北里の職員の方も非常に感じの良い方が多いです。

前健診及び治験の協力費はそれぞれ帰る際に手渡しで貰えます。印鑑が必要です。

八王子のピーワンクリニック(JPCクラブ)の紹介もしている様ですが、そちらの方は前泊が無く協力費も安いので余りお勧め出来ません。

ちなみに、ニューイングのHPでハワイの治験を募集してる!と投稿されている方がいましたが、それはハワイ在住の邦人の方を募集しているのであって日本在住の方は対象ではありません。
日本から参加しても交通費は自己負担です。

イギリスの治験紹介のユークロムも同じく現地邦人対象です。

このブログ記事について

このページは、管理人が2006年11月 2日 00:16に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「『観音台クリニック』 スタッフ対応 ※774@さんからの投稿です」です。

次のブログ記事は「『久留米臨床薬理クリニック』 治験参加の感想 ※774@さんからの投稿です」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。