カレンダー

«?2010年12月12345678910111213141516171819202122232425262728293031

プラセボとは

|

治験では、治療効果の無いプラセボ「偽薬(ぎやく)」を使うことがあります。治験薬と薬効や安全性などのデータを比較するために用いられるもので、通常、治験薬と色や形は似ていながらも、有効成分は含みません。

有効成分を含まないにもかかわらず、「薬を飲んだ」という意識から治療効果が出ることもあり、これをプラセボ効果いいます。

治験に参加した経験がある方は、もしかしたら、お薬がプラセボだったかもしれません。

このブログ記事について

このページは、管理人が2007年3月30日 16:04に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「利用規定」です。

次のブログ記事は「CRC(治験コーディネーター)とは」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。