カレンダー

«?2010年11月123456789101112131415161718192021222324252627282930

臨床試験(治験)とは

|

人における試験を一般に「臨床試験」といいますが、厚生労働省から薬としての承認をもらうための臨床試験を「治験」といいます。
実際にその病気にかかっている人などに協力していただき、新薬の有効性(効果)・安全性(副作用)を確認する試験です。

治験は以下の3つのステップに分けて進められます。

■第1相臨床試験
少人数の健康な大人の方が対象となります。
薬の量を徐々に増やし、安全かどうか、また、体内での薬の吸収・排泄のされ方などを調べます。

■第2相臨床試験
薬の効果があると想定される少人数の患者の方が対象となります。
有効性や安全性、使う量、期間、間隔などを調べます。

■第3相臨床試験
安全性の確認が進んだ段階の試験で、多くの患者の方に対する最終的な有効性や安全性、使う量、期間、間隔などの確認を行います。

このブログ記事について

このページは、管理人が2007年3月 2日 01:10に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「『関野グループ』 関野グループの内容と試験について ※匿名希望の方からの投稿です」です。

次のブログ記事は「薬事法(やくじほう)とは」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。