カレンダー

«?2010年11月123456789101112131415161718192021222324252627282930

GCP(Good Clinical Practice)とは

|


GCPとは厚生労働省が定めた医薬品の臨床試験の実施の基準に関する省令で、被験者の人権と安全性の確保、臨床試験のデータの信頼性の確保をはかり、適正な臨床試験が実施されることを目的として定められています。

言い換えると臨床試験が倫理的な配慮のもとに科学的に実施されることを目的として定められました。

GCPで規定されている主な内容としては、

インフォームド・コンセントによる文書同意が得られた方のみを治験に参加させること
・治験の内容は予め治験審査委員会(IRB)で審査すること
・重大な副作用は国に報告すること
・製薬会社は、治験がGCPを遵守して適正に行われていることを確認する

などが挙げられます。

つまりGCP規約とは治験に参加する人の人権や安全を守るための厳しいルールで、治験を実施するに当たってはこれを遵守しなければならないということです。

このブログ記事について

このページは、管理人が2006年11月26日 23:58に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「不眠症の治験」です。

次のブログ記事は「『CuRVA』 ホームページのあやしい部分 ※名無しさんからの投稿です」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。