カレンダー

«?2010年12月12345678910111213141516171819202122232425262728293031

医学ボランティア会:医療システム研究所の最近のブログ記事

 

投稿者:匿名希望

 

医学ボランティア会(医療システム研究所)が提携?している明和病院では、

もう健康成人男性対象の治験は実施していないですよ。

 

なんでも・・なんか明和病院では問題があって治験実施ができなくなってしまったようです。

なので現在では、聖愛クリニック(浅草)や黒田病院(大田区蒲田)で実施していますよ。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

管理人

明和病院で治験実施に関して何か問題があったという話はきいていたのですが

修正し忘れていて申し訳ありませんでした。

 

 

 

 

 

投稿者:匿名希望

登録施設:医学ボランティア会(医療システム研究所)

こちらの施設は関東圏内でも登録できる人は限られております。

募集地域(登録できる方)は東京、神奈川、埼玉、千葉に限定されております。

こちらの施設は交通費が治験協力費に含まれていますが、

施設によっては交通費は別途支給という所もあります。

ただでさえ治験協力費が安い施設なので、せめて別途支給してもらえると

参加しやすいですね。

 

投稿者:匿名希望

登録施設:医学ボランティア会(医療システム研究所)


謝礼金は安いがロケーションも良いので一応お勧め施設に該当するのではないでしょうか?

僕は、医学ボランティア会(http://www.mvn.jp/index.html)から治験申込をしました。

<会員登録>をクリックすることにより必要事項を記入して登録が出来ます。

その後、登録アドレスに会員IDとパスワードが送られてきます。

それにより<会員専用ページ>に入ることができます。

他の施設の募集HPと違うのは<会員専用ページ>から

「薬剤名」「採血回数と採血量」「副作用」「除外基準」

が一目でわかるところです。

前までは「依頼メーカー」や「治験協力費」なども掲載されていたのですが

最近は掲載しなくなりましたね。

それでも申込み電話をしたら「治験協力費」なども教えてくれます。

ただ一点辛いのが、採血時が抜き差しなのが辛いですね。

抜き差しじゃなくて留置針だと嬉しいな。

あと良い点は、休薬期間が3か月なのでお勧めですね。

(ただし、他施設に移籍する場合には休薬期間4ヶ月と設けている施設がほとんどなので

4ヶ月空けてないと受付してくれません)


管理人

さすがに紹介会社さんなどがHPなどで「金銭誘導」などをしている影響で

掲載をやめたのかもしれませんね。

それにしても

「薬剤名」「採血回数と採血量」「副作用」「除外基準」

などまで見れるのは安心感に繋がりますので良いと思います。

ただ会員には特別なフィルターがないので誰でも登録できるだけではなく、

偽名などでも登録できてしまいますので少し不安を覚えてしまいますね。

 

 

 

 


 

投稿者:匿名希望
 
神田・明和病院の治験に参加してきました。
ここって遅刻や規則違反に対する減額表があるんですね。
基準が明確って意味ではいいのですが・・・・ボランティアに
厳しい割りに待遇や対応はルーズですね。
再検査のときに交通費をはだかで机の上に裏返しで置いて
'もってけ'みたいな対応にはちょっと腹立たしかったです。
前からいるベテランの看護師さんです。
入院時の説明に'アルバイト'って言葉を何回か使ってましたし、
約30人も入院したのにシャワー室が一つ!「時間的に全員
入れませんが、一晩だからガマンして下さい」って・・・・?
医師の診察は聴診器を軽く二箇所当てるだけで、流れ作業
みたいな感じです。あれじゃあ心音も聞こえないでしょうね。
採血も下手な看護師がいて何回も時間に遅れてました。
治験に10回以上参加してますがワースト3に入る施設ですね。
 
 医学ボランティア会の協力費・減額表ですが、
 主なものは
・遅刻 連絡有 500円/30分
        無  750円/30分
 (電車遅延で連絡有は除く)
・通院日の欠席(事後検査) 10,000円/日
・入院中の注意事項違反   10,000円/日
・入院前の注意事項違反     5,000円/日
・入院中の外出(正当な理由があり、緊急を要する場合に限る) 1,000円/回
・入院中の指定時間外の入浴  1,500円/日
 
などです。ただ私が参加時に1期2期とも数名遅刻しましたが、減額無のようでしたが・・・
あと、気に入らないのは1期2期ともに退院日の翌日検査結果を自分から問い合わせ
しないといけないところです。フリーダイアルとはいえ、合否結果以外でボランティアに電話
させるのはここくらいでは?
 
管理人の意見
最終結果問合せが自分からというのは、非常に失礼ですね。
協力して頂いているという気持ちがない証拠だとおもいます。
ですので、お話ししてくださった「アルバイト」という言葉がでているのだと思います。
基本的に治験はアルバイトではなくボランティア又はペイドボランティア「有償ボランティア」です。
後者の言葉は、海外では当たり前の言葉となっております。
医療機関側としても、もう少しドクター及びスタッフレベルの底上げとモラルを保ってもらってほしいですね。
少なくても彼らの給料は、我々ボランティアの協力なくして支払われないはずです。
ココ<医学ボランティア会>に登録していますが、
正直健康診断協力費が3000円しかもらえません。
友達は他施設(同じ東京都内の施設所です。)などに参加しているので話をきくと5000円とか6000円といった感じなので良いですよね。
同じような健康診断でなぜこんなにもかわるのでしょうか? ボッタクリされてる感じです。

医療システム研究所の医学ボランティア会に登録しています。

僕が所属しているボランティア会は携帯サイトもありますので
是非みんなも登録してください。
浅草、神田、前橋と3つの施設所に行ききできるだけではなく
休薬期間が3ヶ月なのでおすすめです。
 
http://www.mvn.jp/i/

 

医療システム研究所に登録しています.
ここで紹介される明和病院という所は、他の施設所に比べて休薬期間というのが4ヶ月ではなく3ヶ月なので
オススメですよ。 その分、一年間に治験参加できる回数や機会が増えるのでスケジュールとかに組み入れやすくなりますよ。
唯一いうと、一般外来もしているみたいですのでちょっと最初は怖いですね。でも スタッフの人たちはかなり親切ですよ。


前に医療システム研究所の欄に掲載されている内容で、確かに謝礼金はHP上のTOPには掲載していませんが、無料の会員登録をするとすぐにIDとパスワードが送られてきますので会員ページから入ると謝礼金だけではなく除外基準、副作用や治験薬剤名などがモロにのっているのであんまり変わっていないというよりもむしろ前より治験薬情報とか除外基準の情報が垂れ流し?のようになっており酷くなっている様に思えます。

除外基準に関しては会員ページに載せてしまっており、虚偽申告のやりたい放題となっています。
(治験に参加した時に一緒になったボランティアの人が、医学ボランティア会は最初から除外基準が記載されているから虚偽申告しやすいと言っていたので間違いないと思います。)

最近、治験情報局ブログを拝見させて頂いていると治験の杜撰な対応ばかりみえてくるので怖いですよね。 
特にボランティア、ボランティアとどこの施設所でも言っておりますけど結局のところ金銭誘導がほとんどみたいですね。 
本音と建前の違いなんでしょうけど、そういう風に施設所が対応しているから僕たちに、本人も気がつかないような見下した電話対応とか杜撰な対応とかするんでしょうね。

※管理者 記
投稿ありがとうございました。情報を頂いたので調べさせていただきました。

下記がその画像です。(実際に製剤名と製薬メーカー名などはのっておりましたが、伏せさせていただいております。)
-----------------------------------------




医療システム研究所ですが、医学ボランティア会のサイトしか載っていなかったのですが、医療システム研究所もサイトありますよ。
URLを送ります。

医療システム研究所⇒http://www.smo-msr.co.jp/

お世辞にもいいサイトとは、言えないですけどね。

よく治験情報局ブログを拝見させて頂いております。

前に医療システム研究所の欄に掲載されている内容で、「謝礼金掲載問題について」を読んで、最近医療システム研究所のサイトを確認したのですが、どうやらもう謝礼金は掲載していないようですよ。

掲載内容で、「現在医学ボランティア会のほうでも謝礼金掲載は問題があるのではないかと考え、上の者が掲載するべきかどうか話し合いが行なわれている」とありましたが、結論として掲載しないことに決まったものだと思いますね。

たしかに最近は、どこのサイトでも謝礼金を掲載しないようにしている傾向がありますので、普通に考えても掲載しないほうが良いと思います。

※管理者 記
当ブログスタッフでも確認をとったところ、確かに掲載を取りやめていました。
前に当ブログにて謝礼金問題について直接医療システム研究所に問い合わせましたが、そのときの段階ではまだ謝礼金を掲載していました。

ですが現在は掲載されていませんので、謝礼金の掲載は医学ボランティア会として、ふさわしくないと判断して頂けたのだと思われます。

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち医学ボランティア会:医療システム研究所カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは北里大学病院です。

次のカテゴリは医学ボランティア募集サイトです。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ