カレンダー

«?2010年12月12345678910111213141516171819202122232425262728293031

新薬ネット(有料紹介)の最近のブログ記事

はじめまして。○○と申します。
治験情報局ブログを読ませていただきました。

そこで、表題の質問となるのですが、新薬ネットの情報は、独自情報ではなく、あくまでも2次ソースな訳なんですよね?
それなら、大元の情報を参照したいと思ったのですが、施設情報を調べていっても出てきません。
調べ方が間違っているんでしょうか?

管理人の意見

お問合せありがとうございます。
最近、施設情報もさることながら、○○様の様な質問も多く受けるようになってきました。
さて、御質問の回答に入らせて頂きますが、確かに新薬ネットに関していうと情報の2次ソースを引用しているで間違いないと思われます。

そのため、少しでも治験を知る人であれば大元の施設所が特定できると思います。

ただ、施設所の中には日程情報をすぐにHPにUPしないで、まず施設所に属している会員にむけて配信する施設所もある様です。 
それで集まりが悪ければHPへのUPという形をとっているようです。
今回、それが新薬ネットなどに流れた可能性が高いと思われます。
特に、高額の謝礼金であれば人気があるのは必須ですので施設所とすれば自前のボランティアサークルだけで募りたいとおもっているのでしょう。

または、UPしてすぐに定員人数が埋まってしまったためHPから日程を下げたかだと思います。

他の考え方として下記のような考え方もあると思います。

○○さんが希望する試験に関しては、施設所がVOBなどの治験人材斡旋会社などに
ボランティア募集を外注している可能性もあります。

結果的に○○さんの調べ方は間違ってないと思いますが、上記のような事が考えられると思います。

新薬ネット!新聞掲載!の記事を読みました。

新薬ネット自体にも問題がありますが、一番の問題は治験の入り口のわかりにくさだと思います。
もっと治験情報を治験斡旋会社などではなく代々的に実施施設所が正式な受け口を示して広報して頂ければ新薬ネットのようなサイトだけではなく
隙間業みたいな治験斡旋会社も無くなると思います。

なぜなら私は、治験の申込み方法がわからなかったので結局治験人材斡旋会社を通じて治験を案内して頂きましたが、
その後は、実施治験所に直接問い合わせをしても「最初に治験人材斡旋会社を通じて当施設所にきて頂いたので受付できない」
と言われました。
契約上そうなっているという事で詳しい理由はわかりませんが、囲われていると同じ状況になっています。

ですので、実施施設所が率先的にボランティア受付の窓口になってもらえればこの様な問題はなくなると思います。
私の中では、人の善意を食い物にする治験人材斡旋会社も有料紹介サイトも同じ感覚になってます。

新薬ネット!新聞掲載!の記事を読みました。

私も新薬ネットに金銭を通じて治験に案内してもらいました。 
記事の通り、実際に新薬ネットの名前を出したら紹介を断られる治験所もありましたが、
反対に新薬ネットの名前を出しても受付して頂ける治験所もありました。

しかもその新薬ネットの名前を出しても受付してくれていたのは
今回の記事でもコメントしていた本所クリニック(旧大崎クリニックとどうどうクリニック)です。
コメントでは、憤りを覚えると答えていましたが、僕が当時問合せした時には
「今回の試験はボランティアが足りてないから特別に新薬ネット経由でも受付しますね。今後は新薬ネットを使わない様にお願いします。」
といって受付してくれました。

又、信濃坂クリニック(旧早稲田クリニック)を含む他の施設所も新薬ネットの名前をだしても普通に受付してくれました。

ボランティアが十分足りている時には新薬ネット経由だと断り、不足している時には受付するといった曖昧さが理解できません。

<管理人からの一言>
今回と同様の意見メールを多数頂きました。
当サイトでも、過去に「有料サイトをみて治験を知りました。」という形で各施設所に問合せした時があります。
その際は、ほとんどの施設所が受付をしてくれたのは事実です。
例えその時に断られたとしても後日、ボランティアが不足している試験などがあると
「こちらの試験であれば有料サイト経由でも受付できるんですけど・・」と勧誘電話がきました。
施設所も治験を受託した以上は、治験を実施しなければ製薬メーカによりペナルティを受けるという
事実はわかりますが、あまりにも一貫性のない募集方法だと思います。

また、受託試験などを治験人材斡旋会社などにも依頼をしているケースが多々見受けられますが、
治験人材斡旋会社においては、ほぼ100%で金銭誘導しているという事実を依頼実施施設所はどの様に考えているのでしょうか?

ほとんどの治験人材斡旋会社は、HP上においては謝礼金の掲載はしておりませんが
無料会員などになると自動的に謝礼金が掲載されている会員メールが送られてきます。
他にも、会員ページ内にログインすると謝礼金が掲載させています。
他にも、治験リクルーターによる無差別な金銭誘導を実施している業者などもいます。

個人の意見ですが、有料紹介業者と治験人材斡旋会社は、形こそ違うだけで金銭誘導という意味合いや募集方法では
より治験人材斡旋会社の方が狡猾に見えます。

そうなると実施施設所が独自でボランティア募集して頂ければ、一番スムーズだと思います。
それにより、治験人材斡旋会社によるボランティアへの治験情報の語弊などがなくなっていきます。

皆様の意見をお待ちしております。

11月2日の読売新聞に有料情報サイト新薬ネットの名前がでています。

記事内容は、下記リンクを読んで頂ければと思います。
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20071102i5w7.htm?from=navr

記事内容においては、本所クリニックや臨床試験受託事業協会のコメントなどもでています。

本所クリニックのコメントは、「医療機関に許可も取らず、不正確な情報を掲載する業者のやり方に憤りを覚える。
『ボランティアが支える治験』というイメージが損なわれ、治験の信頼性を傷つけている」と批判している。

臨床試験受託事業協会のコメントは、
「治験に参加していただける方から、紹介料を取ることなど考えられない」

当サイトにおいても、過去に臨床試験受託事業協会にはCurvaがmixi内の不特定多数の人に金銭誘導や治験参加中の画像などを使い
悪質な誘導をしていた問題について電話とメールにて問合せした経緯があります。
その際には、結局明確な回答を得られないままでした。

なんにせよ、今後の新薬ネットの動向に注目です。

新薬ネットには登録していませんけど現在あるサイトを運営しています。
うちのサイトで稼ぎ頭のひとつはなんといっても新薬ネット様のアフィリエイトですね!!
その魅力は、なんといっても600円バックという成功報酬の高さ!
成功報酬5000円から振込んでいただけるのでオススメです。

【新薬ネットアフィリエイトでお小遣い稼ぎ!】
あなたのブログやホームページ、ミクシィなどに掲載されたリンクを通じてお客
様が新薬ネットに会員登録いただいた場合に、新薬ネットから一申し込みあたり
600円の成功報酬をお支払いする仕組みです。
10人紹介すれば6000円の現金収入♪
新薬ネットを紹介して手軽にお小遣い稼ぎしよう☆
◎会員登録はコチラ(もちろん無料!)
http://www.sinyaku.net/affiliate.php

(追伸)
意外にも治験情報局ブログ様は、新薬ネットのアフィリエイトを
してないのですね!

自分も新薬ネットに登録しています。
ここは、あくまで個人的に治験日程の情報収集という気持ち程度で自分は登録しています。
また、新薬ネットをみて電話したのですがといっても受付けてくれる施設所はたくさんありますよ。
(試しましたが都内のほとんどの施設所はOKでしたよ。もしかしたらボランティア不足だから受付けてくれたのかもしれませんが。)
どこの施設所に断られたのか知りませんが、むしろ断られる方は少ないのでは?

<管理人より一言>
確かに当方でも新薬ネットをみたと言って施設所に電話した所、多くの施設所が普通に受付をしてくれました。
ただし、受付してくれたのは会員メールなどで協力者不足といって協力者を募っていた試験ばかりでしたけどね。
他の試験だと受付してくれないとまでいう施設所もありました。
ですので当方で「なぜ他の試験だと受付してくれないのですか?」と質問した所、
「そういった所に本来なら募集依頼をしていないのでお断りしなければいけないけど特別に受付してくれる。」とか
「信用がないため、まず一度短期の試験に協力してもらってからでないと長期試験をお願いできない」といわれました。
我々はボランティアなのにも関わらず「信用がないため」って致命的な事を平然と言っていたので驚きました。
もう少し言い方があるような気がしますが。

因みに受付してくれた施設所を一部公表いたしますが、
新赤坂臨床検査センター、関野グループ、小原病院、山口病院、信濃坂クリニック、U(ユウ)、VOB、Curva、MVC、治験lab、ニューイングetcと
いった殆どの施設所や紹介業者でした。 
しかしながら大阪治験病院、九州臨床薬理クリニック、桜会病院、観音台クリニック、志都呂クリニックは受付してもらえませんでした。
(あくまでも当方で問合せしたときのものですので、必ず保障するものではありません。)
結果なのですが、施設所もボランティアが不足している時なら受付可なのかもしれませんし、その反対で不足していない時はお断りされるのかもしれません。

 

新薬ネットに登録をして騙された気持ちです。

登録料を2980円払って会員になり試験申込をしようと思って
実施予定施設所に電話問合せをして、新薬ネットをみて希望の試験があったので申込みしたいといったら
「当施設所では、そういった新薬ネットという所には募集依頼などはしておりませんのですいませんが受付できません」と言われたよ。
その後、会員ページに「新薬ネットをみたと言わないようにして、その施設所のHPを見たといえば問題なく受付けてもらえます」と書かれてました。
だったら金払う必要ないのではないでしょうか? ただの情報一覧の閲覧だけで2980円は高すぎ!

ぼくは新薬ネットに登録しています。

新薬ネットはメルマを発行しているのですが広告募集などもしています。
いつもメルマの中央あたりにそのプレゼンみたいなのが添付されております。

──[PR]───────────────────────────────
このメールマガジンに広告出しませんか?
仕事情報、副業、在宅ワークなどの業種で特に高い効果が見込めます!
新規お申し込みの方に限り半額キャンペーン実施中!(5月末まで)
◆媒体資料はコチラ → http://www.sinyaku.net/adguide.ppt
◆詳しい内容のお問い合わせ・お申し込みはコチラ → info@sinyaku.net
────────────────────────────────[PR]─

初めて広告をのせると50%から60%OFFらしいです。

新薬ネットから届いた、施設所で治験に参加するための方法が記載されているメール文面を送っていただきました。

-------------------------------------------
「新薬ネット」です。
いつもお世話になっております。
必ず 最後まで 安全に治験参加するためにお読み下さい。
「××病院」の試験の参加方法ですが、下記の紹介者名いずれかをお伝えください。

1、「AA」
「CC会社勤務。170cm 30歳」
関東圏内の方お使い下さい
比較的年配の方の場合はこの名前を伝えてください

2、「QQ」
「彼」は「30」歳です。「関東」在住
「170」cm、「やや小太り」、「30」歳 
関東圏内の方お使い下さい。
「30」歳ぐらいまでの方はこの名前を伝えてください。
「OO」関係の仕事、「KK」関係やイベントを手がけてもらったときに知り合ったなど答えていただければいいかと思います。

(はじめに)
試験所に連絡される際は、下記の2点を絶対に守ってください。参加できなくなります。

・インターネットで知ったこと、新薬ネットから紹介されたことを口にしないでください。
・紹介者名をフルネームできちんと伝えてください。
また試験所に行った際に漢字で書けるようにしてください。

(治験の参加への流れ)
それでは、試験及び試験所の案内、電話申し込みの簡単な流れを説明させて頂きます。

また紹介者の氏名も上記にのせてありますので、どれか一つを使用していただき電話受付の時に紹介者のお名前をフルネームでお伝えてください。

そのときには、必ず医学ボランティアをやりたいといってください。

たまに試験所の職員があなたと紹介者がどういった関係なのか聞く場合があります。

その際に本人を全然知らなかったりすると怪しまれますので多少本人のことを知っているように振舞うよう注意してください。

他に電話でのアンケートの協力を求められるので、その際虫歯、水虫があると言うと治療するまで入れなくなってしまいますのでお気をつけ下さい。

電話アンケートが終了しましたら、紹介者から何か試験日程をきいていますか?と聞かれますので必ず希望の試験日程を職員にお伝えください。

そのときに謝礼金の話しなどはしないようにしてください。

また必ず希望の試験日程をお伝え下さい。そうしないと集まりにくい試験しか紹介されないことがあります。

そうしましたら職員の方から希望試験のほうの説明がされますので指示に従ってください。

もし健康診断をご予約して当日いけなくなった場合などがございましたら必ずお申込みの施設所にお電話をして伝え下さい。ご紹介者の方にご迷惑がかかります。

ほかにも他施設との同時健康診断予約をとることはおやめ下さい。
ばれてしまいばれてしまったらブラックリストにのり二度と治験参加が不可能になってしまいます。

注意:電話アンケートが終わっても紹介者の名前を忘れないで下さい。 健康診断をうける際に紹介者の名前をフルネーム(漢字、平仮名 可)で書かされますので忘れないで下さい。
名前を書けなかったりすると、怪しまれて試験に入れなくなるケースがでます。 

受付TEL「×××××××」

注意事項(必ずお読みください)
 「メールアドレス」
☆友人と参加をする場合の注意事項
ご友人と一緒に参加する方への そのさいの方法を記載しますのでよろしくお願いします。

1・御自身とお友達ともに紹介者は当サイトがご用意した紹介者のお名前をお使い下さい。
(御自身で紹介してしまいますと念のため職員方が紹介者の方に連絡する場合があります。その際つじつまがあわなくてばれてしまったらご迷惑がかかりますので厳守してください)
上記のことを守らないで実際ばれてしまったケースが最近続出しておりますのでお気をつけ下さい。

☆試験参加中の注意事項
健康診断がうかって入院がきまった場合、入院中にアンケートをとられます。それに友達を紹介できますか?といった項目がありますので0人というかたちで書いて下さい。
たくさんの人数を書いてしまうと職員によばれて協力を求められご自身の紹介者の方をよばれてつじつまがお互いあわなくなりばれてしまうケースがあります。
「新薬ネット」
----------------------------------------------

一般的に治験者は登録料と紹介料の原則負担はありません。

新種の小額振り込め詐欺に該当すると予想されます。本ブログ掲載のある施設所ではこういった上記業者からの紹介応募は一切受け付けませんと断言しているところもあります。

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち新薬ネット(有料紹介)カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは新田塚医学ボランティア会です。

次のカテゴリは新赤坂臨床検査センターです。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ