カレンダー

«?2010年12月12345678910111213141516171819202122232425262728293031

新赤坂臨床検査センターの最近のブログ記事

投稿者:秘密
登録施設:元新赤坂臨床薬理センター
現在登録施設:信濃坂クリニック

新赤坂臨床薬理センター(以下、新赤坂)
に登録しております。

ここの施設には、人が集まりづらい様で
私も元々はVOB経由で紹介&参加させて頂きました。

参加後に知ったのですが謝礼金が他の施設に比べて
新赤坂は異常に安いんです。

新赤坂ですと2泊3日×2で大体76000円が相場です。

都内の信濃坂クリニックは2泊3日×2で大体10万円ぐらいが相場です。

同じ都内治験施設でこれだけの差がでるとさすがに驚きますし、
同じ様に仲介会社経由で治験参加した人たちなどは
「謝礼金から中間マージンとして仲介会社にいくらか抜かれている」
といっていた人もいたぐらいです。
なんにせよ、人も集まりづらいわけです。

やはりVOBとかの仲介会社を通して治験参加すると
謝礼金が安い施設や短期試験募集などしか紹介されないのかもしれません。

また彼らが紹介する施設によっても同じ日数や治験日程でも謝礼金が大きく違うので
このあたりの説明及び謝礼金の算出方法も教えてもらいたいものです。

実際、
「薬のリスクによって謝礼金が違うのか?」
と思ってしまいます。

あと思ったのが、

彼ら仲介会社は自分たちで

「治験施設をもっていない」

にも関わらず、その説明を怠って

我々を紹介先の施設に紹介している点だと思います。

こういった事も、

「自分が施設登録しているのか?」

それとも

「仲介会社に登録しているのか?」

わからなくなる要因ですから説明の義務を果たしていないと思います。

他にも自社HPでは、あたかも自分たちの施設のように書いておりますが

違うのですからそのあたりの説明をわかる様にHPなどで明記すべきだと思います。

ある種、この治験はボランティアというカテゴリーで位置付けされておりますが

実際行っている事は人材紹介業と変わらないと思います。

特殊な世界なので公にならない様ですが、

本来でしたら行政が調整すべき区域の様な気がします。

それほどボランティアという言葉の裏で、金銭誘導、紹介料キャンペーンなどと

好き勝手にやっている様に見えるからです。

以上になりますが、管理人さんはどう思われますか?


<管理人より一言>

全く同意見です。
治験施設と治験仲介会社の両者は似て非なるものであり
互いに共通のルールがないものに見えます。
ですので、本来であればもっとボランティアに対してわかりやすい
取り決め(登録や治験内での位置付け)などを作ってもらいたいものです。

特に治験仲介会社にとってはボランティア登録をしてもらっている人こそが
財産だと思うので今回の投稿のような問題を明確にするためにも
尚更説明をする義務があると思います。

治験施設にとっても全くの治験の意義を理解しないまま
金銭目的のみで協力されてしまうのも本来の治験参加の意義に反してきますので
治験仲介会社を使うのであればボランティアがわかるようにルールを確立すべきだと思います。

今回の治験仲介会社というのは「VOB」「CuRVA」「U(ユウ)」などを指しております。

※今回の記事は、複合記事になってしまっておりますので
 同じ記事を「新赤坂臨床検査センター」と「VOB(ボランティアバンク)」に掲載させて頂きます。

新赤坂臨床検査センターの電話問い合わせのアンケート内容結果です。

電話アンケートの内容
登録について 新赤坂臨床検査センターでは、電話での問い合わせで受付してもえます。
電話対応 女性スタッフで普通の対応でした。
アンケート
所要時間
15
アンケート項目 ・名前と生年月日
・住所と電話番号
・今までで治験に参加したことあるか
・身長と体重(BMI値)
・てんかんになったことはあるか
・大きな病気などにかかったことはあるか
・アトピー性皮膚炎になったことはあるか
・薬物アレルギーになったことはあるか
・臨試協への登録は了承できるか
謝礼金 電話で問い合わせれば、教えてもらえます。謝礼金が高い試験、低い試験まで教えてくれました。
長所 他の施設所ではないアンケート項目の「臨試協への登録は了承できるか」があり、これによりボランティアの方が自分が臨試協に登録されることが分かるので、良い項目だと思います。
注意事項は、健康診断4時間前から「食事の禁止」「飲み物は水・お茶・コーヒー(ミルクなし)」でした。コーヒーがOKなのはめずらしいですね。
短所 施設所のアンケートとしては少し項目が少ない気がしました。
試験ごとにアンケートを変えているのかもしれませんが、それでも他の施設所と比べると、少ない気がします。

それと謝礼金についてなのですが、「こちらの日程のほうが謝礼金が高くていいですよ」という感じで教えていただいたのですが、これは明らかに金銭誘導です。
施設所が金銭誘導をしているのは大変問題があります。
総合評価 紹介された施設所は「カイユウ診療所」でした。

やはり短所でも記載した「金銭誘導」がとても施設所とは思えない対応で驚きました。
ボランティアをお金で釣ることは絶対にしてはいけないことです。
もっと謝礼金の説明の仕方に気をつけていただきたいと当ブログスタッフは思いました。
それとアンケート項目に関しても施設所にしては不足しているように感じたので、「アレルギー」「喘息」なども項目に加えたほうがいいと思います。
それと注意事項のコーヒーに関してですが、これはカフェインが入っているので、健康診断で結果が悪くなる可能性があるのではないでしょうか?
ただ「臨試協への登録は了承できるか」という項目に関しては、他施設所にはないアンケート項目ですので、これに関しては評価できます。
65/100点

食事は同じビルの割烹?で量も多くかなり美味い。

マンションの2部屋で治験実施している。休憩室と病室が別室でいちいち外に出ないといけない。ベッド間狭いため圧迫感を感じた。

シャワールーム2箇所。トイレ・病室大1、小1・休憩室大2?だったような・・

テレビは休憩室に壁掛け1台、ゲーム用1台と少ない。

まんが本・本は少なく古い。雑誌はまあまあ多かったかな?

小さなマンションの1室でこんな所に病院があるのか?と思わせる程の外観です。

先生のお人柄は良くお話しも長いながらも非常に興味深いのですが、但し数名のスタッフの方に対応の悪い方がいらっしゃいます。

長期の入院は静岡の大学病院の坑血小板薬治験の紹介をしている様です。

協力費の入金の手数料が参加者負担と言うのも少々疑問です。


絶対に携帯が自由に使えるのが良いですよ!

PCのネット接続は認められてないけど携帯が使えるだけでネット使えるとあまり変わらないからね。

今って携帯からでもいろいろ掲示板とかに書き込みとか情報収集ができるしメールでのやり取りが友達とできるので助かります。

さすがに参加中に携帯使えないと友人とか親との音信不通が一番手痛い。

僕はVOBを通して治験参加しましたが、ここのスタッフは、みなさん気さくで対応がすごくいいですよ。

PCなどは接続不可ですが、携帯は使えるのでそれだけでも暇つぶしにはなります。

食事なども下の方に民間の定食屋があって降りると用意されてるのですばらしいです。

味も美味しいですよ。 

新赤坂臨床検査センターについて

|


URL http://www.sin-akasaka.com/

住所 東京都中野区鷲ノ宮3?3?6

こちらで臨床試験に参加された方のご意見をお待ちしております。

参加した治験の内容や施設所の設備(娯楽品の充実さ、食事の内容など)

また施設所のスタッフ対応などでも構いません。

たくさんお寄せください。

■健康診断の交通費
健康診断(治験の事前検査)の交通費(協力費)は3000円で当日には支払われない。
治験が終了してから直接取りにいくか、または振込金を自己負担し振り込んでもらう。
もしどちらもしていない場合は、もらうことができない。

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち新赤坂臨床検査センターカテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは新薬ネット(有料紹介)です。

次のカテゴリは日本臨床薬理研究所(JCPクラブ)です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ