カレンダー

«?2010年12月12345678910111213141516171819202122232425262728293031

成守会クリニックの最近のブログ記事

投稿者:管理人
登録施設:秘密
 
管理人が投稿するというのもおかしいのかもしれませんが、
 
先日の「成守会クリニックボランティア会ホームページ」を見ている時に
 
「大胆な告知をあげているな」と思うことがありました。
 
成守会クリニックボランティア会ホームページ
http://www.seishukai-chiken.jp/index.html
 
それは、HPのTOPにあるカテゴリーの「治験のメリット・デメリット」をクリックしますと
下記のページに飛びます。<下記リンク先>
 
http://www.seishukai-chiken.jp/meritanddemerit.php
 
 
内容は下記になります。
 

メリット

・無料で健康診断が受診でき、健康状態を管理できます。
・社会貢献という満足度がえられる。
・治験協力費のお支払があります。

デメリット

・入院や通院で時間を拘束されます。
・頻回採血での苦痛、検査内容(内視鏡など)による身体的苦痛を伴うことがあります。
・くすりの治療効果を期待することはできません。
・副作用がでる可能性があります。

 

その中で、治験のメリットとして「治験協力費のお支払があります。」をあげている点です。

治験紹介業者で「治験協力費」をメリットとしてあげている所は多いですが、

治験施設では、ここまでストレートに「メリット」として出している施設は珍しいですね。

投稿者:匿名希望
登録施設:秘密
 
成守会クリニックボランティア会ホームページ
http://www.seishukai-chiken.jp/index.html
 
を見たのですが疑問に思うことがあります。
 
HPのTOPにあるカテゴリーの「治験に参加する」をクリックしますと
下記のページに飛びます。<下記リンク先>
 
http://www.seishukai-chiken.jp/sanka.php
 
それを読んでいきますと
 
1.健康診断予約
2.同意説明会(インフォームドコンセント)
3.診察・検査等受診
4.合否連絡および参加意思の確認
5.入院2日前および入院当日の確認
6.入院
 
とあります。
 
その中で「4.合否連絡および参加意思の確認」には、このように書かれてます。
 
「健康診断の結果はご指定の携帯アドレスにメールをお送りします。
合格メールを受信した方のみ、折り返しお電話ください。参加意思の確認をいたします。」
 
個人情報になる健康診断合否結果を、電話対応ではなく「一方的に携帯メール」に送るっておかしくないですか?
 
仮に間違えて送ったらどうするのでしょうか?
 
また、「合格メールを受信した方のみ、折り返し電話下さい」って事は、
 
不合格者には健康診断結果説明を「メールのみ」で一方的に済ませて、
 
「電話にて説明は基本的にはしない」って事なんですかね?
 
いくら治験的、施設的に、「健康診断で受かった方以外は入りません」というのが本音だとしても
 
あまりにも杜撰な対応になりませんか?
 
<管理人>
たしかに、成守会クリニック医学ボランティア会のHPに書かれているのを
読みますと、そのように捉えられます。
 
「医学ボランティア」に協力する中で、「治験参加合否」はしかたない事ですが
不合格の場合には、「次回どうしたらいいのか?」というのは電話説明してもらいたいですね。
それを合格者の方だけが折り返し電話するというのは、不合格者との対応差別になる気もします。
 
「健康診断合否結果」というのは、「合格」「不合格」というのを差別無く
、健康診断結果説明をして頂きたいと思います。
投稿者:匿名希望
登録施設:秘密
 
成守会クリニックボランティア会ホームページ
http://www.seishukai-chiken.jp/index.html
 
を見たのですが疑問に思うことがあります。
 
HPのTOPにあるカテゴリーの「治験に参加する」をクリックしますと
下記のページに飛びます。<下記リンク先>
 
http://www.seishukai-chiken.jp/sanka.php
 
それを読んでいきますと
 
1.健康診断予約
2.同意説明会(インフォームドコンセント)
3.診察・検査等受診
4.合否連絡および参加意思の確認
5.入院2日前および入院当日の確認
6.入院
 
とあります。
 
その中で「4.合否連絡および参加意思の確認」には、このように書かれてます。
 
「健康診断の結果はご指定の携帯アドレスにメールをお送りします。
合格メールを受信した方のみ、折り返しお電話ください。参加意思の確認をいたします。」
 
個人情報になる健康診断合否結果を、電話対応ではなく「一方的に携帯メール」に送るっておかしくないですか?
 
仮に間違えて送ったらどうするのでしょうか?
 
また、「合格メールを受信した方のみ、折り返し電話下さい」って事は、
 
不合格者には健康診断結果説明を「メールのみ」で一方的に済ませて、
 
「電話にて説明は基本的にはしない」って事なんですかね?
 
いくら治験的、施設的に、「健康診断で受かった方以外は入りません」というのが本音だとしても
 
あまりにも杜撰な対応になりませんか?
 
<管理人>
たしかに、成守会クリニック医学ボランティア会のHPに書かれているのを
読みますと、そのように捉えられます。
 
「医学ボランティア」に協力する中で、「治験参加合否」はしかたない事ですが
不合格の場合には、「次回どうしたらいいのか?」というのは電話説明してもらいたいですね。
それを合格者の方だけが折り返し電話するというのは、不合格者との対応差別になる気もします。
 
「健康診断合否結果」というのは、「合格」「不合格」というのを差別無く
、健康診断結果説明をして頂きたいと思います。
投稿者:匿名希望
登録施設:生活向上WEB(株式会社クリニカルトライアル)
 
数年前ですが、生活向上WEB(株式会社クリニカルトライアル)から
 
成守会クリニックに紹介を受けたことがあります。
 
当時は健康診断を受診後、すぐに健康診断協力費は頂けませんでした。
 
電話にて、健康診断問合せをしたのちに銀行振込みされてましたね。
 
当時の成守会クリニックの説明は、健康診断のみを受けて「健康診断協力費」のみを目的として
 
入る方がいるからだったと思います。
 
その後、他の治験施設などで治験協力などをしたのですが、
 
成守会クリニックのような対応をしている施設は、少なくても「私」が行き来した施設では無かったです。
 
私個人として思うことは、仮にそういった方がいるとしてもあくまで全体の一握りであって
 
その人たちのためにちゃんと協力している方々まで後日支払い対応になるのはおかしいと思います。
 
また「健康診断」だけだとしても協力しているのですから、成守会クリニックは即日支払い義務が生じると思います。
 
当時は無かったですが、現在は「成守会クリニックボランティア会」というHPがあるようです。<下記参照>
 
 
成守会クリニックボランティア会ホームページ
http://www.seishukai-chiken.jp/index.html
 
成守会クリニックボランティア会ホームページには、そういった事は現在一切明記されてないのですが
 
もしかしたら、すでに対応を変えたのかもしれません。
 
ただ、もし同じような事をまだしているのであれば、治験協力者に向けて「明記」すべきだと思います。
 
<管理人>
 
投稿ありがとうございます。
仮に成守会クリニックが現在も同様の対応をしているようであればHPにて「明記」するべきだとは
思います。 
リサーチ上では、ほとんどの臨試協加盟施設は、「健康診断協力費」は当日検査協力終了後にお支払いしている様です。

僕は成守会クリニックにU<ユウ>経由で紹介して頂き登録しておりますが、健康診断検査協力費(5000円)が
後日銀行振込みには納得がいきませんよね。

U<ユウ>側から成守会クリニックに紹介して頂く際にも事前に健康診断検査協力費が銀行振込みという話しもきいて
おりませんでしたので、当日現地にては聞かされて「はぁ?」って感じでしたよね。
自分自身は、過去に他施設で治験参加した事があったのですが、そこでの健康診断は当日に健康診断検査協力費が貰えました。
当日にくれない理由としては2007年03月17日の記事と同じ理由で、成守会クリニックのスタッフ曰く「無断キャンセル防止とかバックレ防止のため。」
と話していましたけど、こちら側としてはあまりにも理不尽ですよね。
最初から僕たち治験協力者を信用していませんと言ってるようなもんじゃないのかな?

成守会クリニックで健康診断を受けると、謝礼金として5千円もらえます。

でも他の施設所とは違い、手渡しではなく、後日銀行振り込みでした。

健康診断の結果発表が終わってからの入金でした。

それについて職員が言っていたのですが、結果がよく、参加メンバーに選ばれたにもかかわらず、無断でキャンセルするいわゆるバックレ(職員の方がこのように言っていました)がいるので、その場合は健康診断協力費を入金しないそうです。

そういったことがあるから、その場手渡しではなく銀行振り込みなんだと思います。

成守会クリニックにある娯楽品はかなり少なかった。

漫画は100冊あるかないかで、テレビは1台のみ・・・・・

これだけなので、あとは自分で持ってきたほうがいい。

パソコンの持ち込みはOKなんだけどネットはできなかった。

本当に何も無いので自分で何か持ってこないと暇すぎて後悔するよ。

成守会クリニックはつくばエクスプレス浅草駅A2出口をでてから徒歩で10?15分くらいの距離にありました。
分かりづらく、何度も成守会クリニックに電話をして道を聞いてやっと着きましたね。

朝10:00に集合して、入り口にて受付をしたあとセミロングの髪型の男性職員と一緒にB1Fまで行き、そちらでもう一度受け付けをしてちょっと暗い個室でボランティア登録説明会を聞きました。

場所のせいもあったと思うのですが、このときの職員の方二人とその地下の個室がとても怖い感じがしましたね。

それと説明会のときに携帯電話でhttp://www.gcsc.jp/(携帯じゃないと見れないかも)に登録しました。なんでも健康診断結果などはここからのメールで知らせられるようです。この登録は絶対しなくてはならないみたいですよ。

ボランティア会登録が終了したら、次はエレベーターで4Fに行き、ロッカーに荷物を入れて治験の同意説明をしていたのですが、場所が変でした。

前に他の施設所で健康診断を受けたときは会議室みたいなところで説明を受けたのですが、今回の成守会クリニックでの同意説明はベットの上ででした。

みんなベットに座りながら説明を受けていたのですが、他の人と話して聞いてみると、「ベットに座りながら説明されるのはおかしいよな」と言っていましたね。

それから同意説明していたのは女性の看護師の方でして、話にまとまりがなかったため、説明がすごく長くてしかも分かりにくいので疲れました。

同意説明が終わると健康診断が始まりました。
健康診断は、採尿⇒体温と血圧⇒身長と体重⇒心電図⇒採血⇒問診といった感じでした。
たった3人のスタッフで健康診断をしていたので終わるのが遅かったですね。

それから1Fに戻り解散となりました。時刻は12:30頃でした。

私の感想としては、施設所が治験を行っているという案内などが病院内になく、説明場所も変なところが多いので、大変怪しい感じがしましたね。治験参加は遠慮したいです。
それと飲み物もでなかったので、これから行く人は何か買って行ったほうがいいかもしれません。

成守会クリニックの健康診断での採血は痛かったです。
女性の看護師でした。男性の方は上手みたいですよ。

注射の痕がひどく腫れあがってしまいました。

検査結果は不合格でしたが、どちらにしろ採血が怖くて参加するつもりはなかったので、ちょうど良かったです。

まず、成守会クリニックは駅から遠くて分かりにくかったです。

やっとのことでたどり着くと、クリニックの入り口で出迎えてくれるスタッフにまず、最初に案内されるのが地下1階の窮屈な狭い部屋。
その部屋に続く狭い通路で出迎えるのは、2人の男性。
一人は普通のサラリーマン風、もう一人はロン毛の中年。

お出迎えはうれしかったんですが、しょっぱな地下一階の狭い通路で出迎える中年のロン毛というシチュエーションは不気味でした。

私が治験に参加しなかったのは言うまでもありません。

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち成守会クリニックカテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは愛和クリニックです。

次のカテゴリは新田塚医学ボランティア会です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ