カレンダー

«?2010年12月12345678910111213141516171819202122232425262728293031

観音台クリニック(現在閉鎖)の最近のブログ記事

観音台クリニックが倒産をして早数カ月が経ちました。

実は、観音台クリニックがまだ運営していた頃より 元職員となのる方から当ブログに沢山のメールを頂いておりました。

2009年11月1日現在において観音台クリニックはすでに倒産をしておりますので公開させて頂きます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

<2009年3月21日に届いたメール>

投稿者:tylenol

管理人さん

初めてメールさせて頂きます。私は観音台クリニックに勤めております。富士バイオメディックスが経営破綻して観音台クリニックは火の車です。院内でも無理なリストラが横行しております。私も危険を感じておりますので近いうちにやめるつもりです。こちらのメールを掲載するかしないかの判断はお任せします。

 

<2009年3月23日に届いたメール>

投稿者:tylenol

管理人さん
またメールをいたします。観音台クリニックのボランティア課についてお伝えします。初めて健康診断で来院した時に赤カルテに住所、名前、誕生日など個人情報を自分で記入するのですが、その赤い紙に追加で挟まれる小さい緑の紙があります。書く内容は「ボランティアさんの事についてで電話を指定時間にかけてこない、ボランティ費を聞いてきた、健康診断無断キャンセルしてきた、遅刻してきた、タバコやめられないみたい、虚偽申請した」などボランティ課の人が書いたコメントが書いてあります。書かれた人は二度参加できないことになっています。今後P1は入ってこないでしょう、BEのみとなるでしょう。ボランティアさんに少しでも参考になればと思います。掲載されるかどうかは管理人さんにお任せします。私は会社が恐ろしいので転職を考えていまし。

<2009年3月26日に届いたメール>

投稿者:tylenol

管理人さん
またメールをいたします。メールは掲載して頂けないのでしょうか?私が送っていることは真実です。今後P1は入ってこないでしょう、BEのみとなるでしょう。少しでも参考になればと思います。掲載されるかどうかは管理人さんにお任せします。私は会社が恐ろしいので辞めることにしました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

上記のようなメールを何通も頂きました。

その中でも最初の3通を今回は掲載させて頂きます。

他のメールについては名指し及び理解しがたい内容なので掲載は控えさせていただきます。

 

管理人

 

 

投稿者:匿名希望
登録施設:不明


観音台クリニックが破産したようです。
ボランティアの受け皿はV-NETが引き継ぐと、あります。

http://www.kc-lavas.com/index.html

管理人の一言

今回の件については、たくさんの方から投稿頂きました。
内容としては「観音台クリニックが倒産した」というものです。
ただ観音台クリニックのHP自体はあり、そちらの方では今回の倒産については一切告知されておりません。

<観音台クリニックHP>


そのため事実確認はできておりませんが、投稿者様のご指摘通りに
観音台クリニック医学ボランティアサークルLAVASのHP上には、
下記内容が記載されており、観音台クリニック倒産を裏付ける形となっております。

<以下、内容<原文ママ>>

このたび、観音台クリニックの破産手続開始決定が認められ事業継続ができなく
なりました。医学ボランティアの皆様には、大変ご迷惑をおかけする事となりますが、
今後の医学ボランティアサークルLAVASにおける移籍及び登録は、下記の
V-NET(ボランティアネットワーク)様の方で 行わさせて頂くことになりましたのでよろしく
お願いいたします。 今後、医学ボランティアにご協力が頂けない方は恐れ入りますが
重ねてV-NET様にご連絡して頂き登録抹消手続きを して頂く様にお願いいたします。
2009年7月31日までにご連絡がない場合は変更意思が無いものと取り扱わせて頂きます。

観音台医学ボランティアサークルLAVAS事務局

V-NET(ボランティアネットワーク)

 V-NET連絡先 TEL:0120-979-815
※今後、LAVASの業務はV-NET様に継続していただくことになります。


念のため、当方の方からも何度か電話をLAVAS事務局に直接しているのですが
コールのみで全く連絡がつかない状態が続いており困惑している状況でした。
そのため事実確認のために、V-NET(ボランティアネットワーク)の方にも電話連絡をして
確認を取らせて頂いたところ、今回の観音台クリニック倒産の件については事実という事が解りました。
倒産理由などについては残念ながらお聞きできませんでした。
管理人が考えるところ、2ちゃんねるなどでも騒がれておりましたが
先の富士バイオメディックスの民事再生による余波なのではないかと思います。
しかし、系列の桜会病院に続いて観音台クリニックまで倒産となってしまい、
他施設などでは受付けて頂けない地域の方や関東在住者だけではなく遠方地域や福島県などからでも
受付をしていた様ですので遠方地域の方などにとっては非常に残念な結果になったと思います。

今後は、臨試協などのHPにおいても何かしらの告知がされるものだと思いますので
動向に注目して調査報告をしていきたいと思います。

投稿者:管理人

富士バイオメディックスが10月14日に民事再生法を申請し、倒産しました。

その後の詳細です。

富士バイオメディックスが倒産ー野放図な投資の果ての破綻劇ー
http://blog.h-h.jp/investnews/2008/10/20/bankruptcy-fujibiobedix-reckless-growth/

 

粉飾決算やら不正経理を行っていた様ですね(汗)

今後の観音台クリニックの動向に注目!!

 

 

 

投稿者:管理人


名証セントレックス上場の富士バイオメディックスが10月14日に民事再生法を申請し、倒産しました。

まだ、その原因などはわかっておりませんが、これによりその支援を受けている観音台クリニックの運営が危ぶまれるということになります。

(2009年10月14日現在においての観音台クリニックのHP上では通常通り試験募集及び業務は行われている模様)

今後もこちらの情報を収集していきたいと思います。

 

娯楽品の充実度は?という所もありますが食事でしたら観音台クリニックも手作り料理でおいしいですよ。 
僕は、観音台クリニックでしか参加した事ないので、これが普通なんだと思っていましたが他の試験所では手作りじゃない所などもあるのですね。
治験参加中の楽しみって食事と娯楽品の充実度だと思いますので、これから治験参加を考えている人はこういった点も考慮しておいた方がいいですよ。


観音台クリニックのボランティアサークルLAVASのPC版と携帯版ホームページがリニューアルされています。

前のは、見にくくて分かりづらかったけど今のホームページは、健康診断前の注意事項などが詳細に載っていてかなり見栄えがいいです。

新しいホームページアドレス⇒http://www.kc-lavas.com/

観音台クリニックの電話問い合わせのアンケート内容結果です。

電話アンケートの内容
登録について 観音台クリニックでは、啓蒙資料といわれるものか紹介者による紹介等で受付しているようです。
電話対応 男性スタッフで気さくな対応でした。
アンケート
所要時間
15-20
アンケート項目 ・観音台クリニックをどうやって知ったか
・名前と生年月日
・国籍と親族に外国籍者がいるかどうか
・住所と電話番号(家に電話がある場合そちらも)
・メールアドレス
・今までに治験に参加したことがあるか
・現在の職業
・たばこはどのくらい喫煙するか
・薬物検査をすることを承諾していただけるか
・身長と体重(BMI値)
・薬物アレルギーがでたことはあるか
・食物アレルギーがでたことはあるか
・アトピー性皮膚炎や金属アレルギーがでたことはあるか
・喘息がでたことはあるか
・ アレルギー性鼻炎・花粉症・ハウスダスト がでたことはあるか
・てんかん・心臓病などになったことはあるか
・虫歯はあるか
・薬やサプリメントを使っているか
・現在病院や歯医者に通っているか
・献血をしたことがあるか
・今までに手術をしたことはあるか
・刺青があるか
・水虫があるか
謝礼金 当スタッフでいろいろなパターンで電話をして謝礼金について聞いてみたのですが、教えてはもらえませんでした。
きびしい施設所のようで、何度も謝礼金について聞いていたら、「こちらでは金銭目的での参加はできません」とスタッフの方に言われ、参加を断られてしまいました。
長所 治験実施設所は、基本的にアンケート項目が多いのですが、観音台クリニックは施設所の中でももっとも多いかもしれません。
上記アンケート項目であるように、「虫歯」「水虫」などのめずらいしい項目まであります。
電話でのアンケートは長くなってしまいますが、このアンケートで参加可能と言われた場合、実際に来院してから治験参加はできないと言われることは少ないと思われます。
短所 やはり、アンケート項目が多いとどうしても電話の時間が長くなってしまうのが難点です。
アンケート所要時間が長いとボランティア希望者も飽きてしまうことが多いと思われますので、これについてはどうしても人により意見が分かれるところだと思います。
総合評価 観音台クリニックは、電話アンケートにより実際に来院しなくても、治験に参加できるかどうかがある程度分かるところが良いところです。
茨城県のつくば市にあるので、近辺の方は直接来院するようで、茨城県外の方などは東京駅に集合して行くようです。

つくば市にあるということもあり、ボランティア希望者のことを考え、アンケート項目を多くして、無駄足にならないように心がけているとスタッフの方が話していました。

それと当ブログ内の掲載でもあると思いますが、 掲載内容の通り、健康診断前・治験参加前などに事前に観音台クリニックに事前電話確認を行っているようです。健康診断1週間前の確認・3日前の確認・前日の確認とあるようで、注意事項と健康診断のためにアドバイスなどをしてくれます。

それと謝礼金についてですが、唯一電話にて教えてもらえなかった施設所でした。

治験の謝礼金についてはGCP規約により、謝礼金での誘導が禁止されていますので、本来ならば施設所はボランティア希望者に電話等で伝えてはいけない決まりです。
それを実際に伝えないようにしている施設所は、観音台クリニックだけでしたので、当方では評価を高くさせて頂きました。

80/100点

このブログには興味があり、時々見ています。

私も観音台クリニックの医学ボランティアサークル「LAVAS」に登録をして観音台クリニックの治験に参加したことがあります。

ブログの観音台クリニックのカテゴリで「紛らわしい病院」という投稿がありましたが、読んでいておかしいなと思いhttp://support.myclinic.ne.jp/search/ibaraki/tsukubashi/000を見てみました。

でもこのホームページを見たところ、これは作成者が勝手に分類わけしてると思いますよ。

事実、観音台クリニックのホームページには治験専門のクリニックと書いてありました。

それと「紛らわしい病院についての投稿」に対する意見ですが、健康診断のときに医師の診察で靴下を脱いで水虫の検査があり、これを人権侵害と思われていますが、この件について一言あります。

事前検査の説明のときに、検査項目の説明があるので水虫の検査があったのは、この試験に検査項目があったか、または参加するみんなに病気をうつしてはいけないとの病院側のはからいではないでしょうか?
だとすると他の施設所よりボランティア参加者のことを良く考えてくれていると思うので、紹介者もいらず誰でも入れるような施設よりは安心できると思いますよ。

それと最後にこのブログでも取り上げられていますが、謝礼金を載せていろいろと意見することは良いことではないように思います。

治験の内容も分からないのに金額だけで議論するのは、お金だけで参加していない人たちに失礼かと思います。

以上が「紛らわしい病院」「紛らわしい病院についての投稿」に対する私の感想です。


2007年02月24日の『観音台クリニック』 紛らわしい病院についての投稿(匿名希望)への反論です。

まず初めに、下記の2007年02月24日の『観音台クリニック』紛らわしい病院についての投稿(匿名希望)さんがUPしたときの内容です。

「開設当初は本当の病院でスタートしたようですがその後、約2キロ先に筑波[つくば]学園病院が開設されました。なお診療科目は同一です。そのため観音台クリニックでの外来患者が数が伸び悩みました。先方の処置室を治験の入院ルームに改装した模様です。」

しかしながら、上記につきましては観音台クリニックのスタッフの方に電話して聞きましたが全くのデマのようです。

また、それを裏付けするようにhttp://www.ne.jp/asahi/kan-nondai/clinic/gaiyou/rijityou.htmlで理事長兼所長の○田さんが、「ごあいさつ」で「観音台クリニックは、1991年に臨床試験専門医療施設として開設以来・・・・・」と、設立当初から観音台クリニックは、臨床試験専門施設として立ち上げた事を述べております。

正直、匿名からの一般投稿としても、あまりにも投稿をした方の安直な考えが見え隠れします。

それにもまして、治験情報局ブログスタッフの方も上記のような妄想話をUPする前に調べればすぐわかるようなことは、リサーチをして頂きたいと思います。

貴サイトブログは、今までにない治験情報サイトですのでたくさんの現役創薬ボランティアの方々だけではなく治験を知らない人たちも見て正しい知識・施設情報・治験情報などを得ていくサイトだと思っています。

厳しい事を投稿してすいませんが1読者として、これからも楽しく拝見させて頂きますので頑張ってください。

※管理者 記
ご投稿ありがとうございます。
当方でも、投稿内容についてより正確に掲載できるように、確認をとるようにしているのですが、これからもこういった内容の食い違いは出てくるかと思います。
内容に誤りがあった場合はその都度対応させていただきますので、遠慮なくご指摘下さい。

当ブログを見てくださっている方々の中にも、「これはちがう」と思う内容の掲載文がありましたらどうぞご投稿よろしくお願い致します。

観音台クリニックは平成2年ごろに3階建のビルを建設[開設]したそうです。
先方のホームページに掲載されている病院外観の写真も2倍拡大されています。

開設当初は本当の病院でスタートしたようですがその後、約2キロ先に筑波[つくば]学園病院が開設されました。なお診療科目は同一です。
そのため観音台クリニックでの外来患者が数が伸び悩みました。
先方の処置室を治験の入院ルームに改装した模様です。
なお、同室天井の空調機2基は新品で最近取付たようです。ナースコールの呼び出しボタンも後付で設置されてありました。

なお、先方の健康診断時は元診察室?!で医師の診察があり靴下を脱いで水虫の検査まであります。
■健康診断について私の感想
治験者の人権侵害と思われます。

私は、今年1月31日から今月2日まで○○症の錠剤10mgと20mgの治験薬の治験の予備に参加しました。
定員は18人で予備は3人です。
投薬5泊6日×2回と検査入院1泊2日が10回です。
治験の訪院が12回と多い割には報酬が現地集合で387400円、東京駅集合で412600円と相場よりも10万円安い設定です。

桜会病院と同系列なのでボッタクリのクリニック[治験所]に該当します。

私は元々予備[○○番目]でしたが白血球数が標準よりマイナス300不足していました。
今月2日の午前8時[起床]に病院から私に告知しました。
病院の食堂で喫茶店で出すような軽いパン朝食を合計3人で取り退院しました。
謝礼は2泊3日の現地集合で67000円程でした。

■私の感想
医療法人社団薬川会 観音台クリニックは桜会病院と同系列です。
そのため観音台クリニックの看護士の対応も悪い面があります。
予備のためその後の治験には参加できますが、先方の謝礼が安いため移籍で、当ブログ噂の○○○○へ健康診断を受けることにしました。
紹介者は不要です。

※管理者 記
この情報のように、施設所の歴史のようなものを分かる方のご投稿もお待ちしております。
こちらの情報をご提供頂いた方には大変感謝しております。
またのご投稿お待ちしております。

■こちらの情報を送って下さった投稿者様へ
大変参考になる情報の数々をご提供頂きありがとうございます。
お返事が返せなかったので、この場を借りてお礼申し上げます。
ただ、本来であれば一度投稿者様とメールにてやり取りをさせて頂き、投稿文の掲載許可・文章の変更許可・投稿者名などについてやりとりをしたいと思っております。

今後、もしよろしければメールにてご連絡を取り合って、お互いにとってより良い情報にして掲載していきたいと考えております。
これからもよろしくお願い致します。

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち観音台クリニック(現在閉鎖)カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは興和ビジネスサポートです。

次のカテゴリは関野グループです。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ