カレンダー

«?2010年12月12345678910111213141516171819202122232425262728293031

CuRVA(JMRS)の最近のブログ記事

 

投稿者:匿名希望

ニューイングは知名度が低いので他の治験会社経由(JCVN/クリニカルトライアル(生活向上))で紹介されます。
これまで上記2社から紹介されました。
募集しているのは中高年が多く、待合室には中高年の方々ばかり。
ピーワンクリニックで検査を受けます。
入院タイプだと前泊があります。
担当者が待合室で説明するのでどんな治験なのかほかに人に筒抜けです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

管理人

NPO法人が募集会社に被験者募集を依頼しているという事ですね。

これが人材派遣に該当する業務なら2重派遣ですね。

ちなみに2重派遣は法律で禁止されております。

 

<2重派遣の詳しい説明>

http://www.sk-haken.net/kinshi/kin01_nijyu.html

 

今回の記事だけはなく、こちらのケース同様の投稿は多々届いております。

NPO法人だけではなく、他の被験者募集会社同士(クリニカルトライアル・JCVN・VOBなど)でも今回の記事ではありませんが日常的に上記のような事は行われている様です。

ただ、これがボランティアさんが募集会社に登録する際に説明されているのか?

(ボランティアというくくりで説明されていても法律では2重派遣に該当する可能性もあり)

 

営利目的の募集会社同士でのボランティアの貸し借りはボランティアといえども可なのか?

 

管理人にも、名目上ボランティアという形での募集を行っている以上は2重派遣に該当するかはわかりません。 また、ボランティアの貸し借りを行っている中で金銭(紹介料)が発生しているかもわかりません。

ただ・・グレーな領域なのは確かだと思います。

 

 

 

 


 

僕は、知合いからのメールを通してCurvaを知りました。
初めて問合せした時に電話アンケートをして登録完了となりましたが、
その後はしつこいぐらいの治験参加の勧誘電話がきて困りました。

その時には、ここの記事にある様にとりあえず健康診断を受けにいってくれませんか?
とスタッフに話されたり、友達を紹介してくれたら「最新の携帯を無料で交換してあげるよ」と軽いノリでいわれました。
その時、正直あまりの軽いノリに不安を覚えてお断りしてその後は着信拒否にしています。

私自身は、まだ一度もココの説明会などに行ったこと無いですし、電話アンケート終了後にこの様な電話勧誘をしますなどの
説明もなかったので、不安を覚えました。

現在は、他のボランティア会のHPを探して在籍をしてますが、今でも電話勧誘などがくるので迷惑しています。

投稿者:匿名希望

登録施設:未記入

 

はじめまして。

Curvaのホームページなんですけど、2008年11月以降よりアクセスできなくなってしまっております。

医学ボランティア会(Curva)⇒ http://www.curva.co.jp/

株式会社富士バイオメディックスの民事再生申請(2008年10月15日申請)により

資金繰りが悪化して倒産してしまったのかもしれません。 

しかし、あまり良い評判などを聞くところではなかったのでいたしかたのない

結末だったのかもしれませんね。

 

管理人

当方のほうでも確認いたしましたが、確かにHP自体は落ちてしまっている様です。

しかしながら電話にて問合せをした所、いまだに運営はしているようです。

 

電話担当者(女性)が電話にでたので

管理人 「初めて治験をするのですが何か募集しておりますか?」

電話担当者(女性)「現在、健康な男性を対象とした試験はないんです。すいません」

管理人「そうですか・・、いつごろ新しい治験日程は入りますか?」

電話担当者(女性)「今の所は予定がついておりません・・」

管理人「わかりました・・でわ またお電話します」

という対話にでした。

上記のやり取りの中で、全く治験の案件がなく募集が滞っている状態が予想されます。

やはり株式会社富士バイオメディックスの民事再生の影響を多大に受けているものと見られます。

去年も桜会病院の民事再生の申請と株式会社富士バイオメデックスと取引をしていたところが

続々と問題をかかえてしまっているようです。

ただ医学ボランティア会Curvaは前のHPにも記載されておりましたが

医療法人ではなく有限責任中間法人なので倒産した場合のボランティア登録者の個人情報などは

どうなってしまうのかが心配です。 所詮、有限責任中間法人といってもただの有限会社なので責任

の取れる範囲がしれております。 

ボランティア登録をする時は、みなさんも最悪の事を考えて慎重に登録してください。

今後も追跡していきます。

 

僕は知合いからのメールを通して医学ボランティア会Curvaを知りました。
初めて問合せした時に電話アンケートをして登録完了となりましたが、
その後はしつこいぐらいの治験参加の勧誘電話がきて困りました。

その時には、ここの記事にある様にとりあえず健康診断を受けにいってくれませんか?
とスタッフに話されたり、友達を紹介してくれたら「最新の携帯を無料で交換してあげるよ」と軽いノリでいわれました。
その時、正直あまりの軽いノリに不安を覚えてお断りしてその後は着信拒否にしています。

私自身は、まだ一度もココの説明会などに行ったこと無いですし、電話アンケート終了後にこの様な電話勧誘をしますなどの説明もなかったので、不安を覚えました。

現在は、他のボランティア会のHPを探して神田にある施設で

医学ボランティア会という所に在籍をしてますがとても良いところです。

今でもCurvaから電話勧誘などがくるので迷惑しています。

 

先日、CuRVAの新しくリニューアルされたホームページを見ました。
トップページに「治験とは?」というムービーがあります。
これを見れば治験について一通り理解できるみたいです。
試しに見てみることにしました。
学生風の男女の会話で構成されており時間は3分程の短いものです。
 
男女の二人が治験参加意義の会話をしていると、
女性の方が「治験を受けるメリットって他に何かあるの?」と聞いています。
男性の方は、「負担軽減費という形でお金がもらえるんだ。」と言っております。
女性の方は、「それは魅力的ね。」と答えております。
 
上記の様に治験を受けるメリットのくだりで負担軽減費=お金が貰えることをメリットの一つに上げています。
確かに治験協力で負担軽減費<お金>という考えがあるもの事実です。
でもこれは一部の医学ボランティアなどの個人単位で考えるレベルです。
治験業界に従事されている方でしたら誰でも変に思われるのでしょうし、
ましては企業レベルで治験協力=負担軽減費=お金が貰えるをメリットとして上げている所は珍しいです。
通常の企業レベルでしたら「将来のお薬を創るためのお手伝い」または「社会貢献」とするか、
または負担軽減費メリットしてあげたいのであれば補足として「通院や検査のための時間的拘束や日常生活上の
制約などに対しては協力費や負担軽減費が支払われるので治験に参加されることによる経済的な負担はありません。」
とするべきです。
それを平然と負担軽減費=お金と表現してを治験を受けるメリットとして挙げるあたりは、まるでアルバイトの募集
です。
 
金額は直接表記していないとはいえ、「負担軽減費=お金」を貰えることを全面的に押し出して
「治験とは?」と説明しているあたりがCuRVAという業者の質が伺えますね。
これも一種の金銭誘導と判断せざるを得ないのではないでしょうか?
皆さんはどう思われますか?
皆さんも一度見てみてください。
 
 
<管理人からの一言>
現実的に被験者さんの間では、治験=アルバイトのイメージを持たれている方は少なくないと思います。
しかし、治験≠アルバイトを定着させるのが治験業界に関わる者の努めではないでしょうか。
そうすることによって質の向上や治験業界全体の底上げに繋がるのではないでしょうか。
やはり治験に関わる全ての者がどういう意識を持って取り組むかの姿勢が重要だと思います。
 

Curvaに登録していたものですが、このサークルはボランティア管理がいい加減だけではなくボランティアをボランティアと見ずに都合の良い駒と思ってますよ。

僕は昔から心電図で良く引っ掛ってしまう方なのですが、だめもとで一度治験というのに興味があったのでMixi経由でCurvaさんに登録をしました。

最初の電話のアンケートで、心電図の話を男性スタッフの方にお話をしたのですが「それは大丈夫ですよ。」と言われ某施設所に最初の健康診断を受けに行きました。

結果は、もちろん心電図で落ちました。
そこから少し疑心が芽生えたのですが、男性スタッフが「施設所に聞いておいてあげたけど、今回心電図で引っ掛ったのは、たまたまらしいから違う施設所なら問題ないよ!」と言われました。

今思えば、個人情報に触れるような検査結果などを施設所が個人の確認無しで教えるわけないはずなのに・・。

その後は2回ほど健康診断を受けました。
その度に心電図やらなんやらで落とされました。

それ以来はうんざりして行っておりませんが、こちらは日程調整までして健康診断を受けているのに、いつも調子の良い事を言って「健康診断受けてください!」とか「友達紹介して下さい。」や「受かったら優先にしますから」と言ってました。

ここのボランティアサークルは、ボランティア管理とかが全くなっていませんよ。
なによりもここの他の記事がその事を証明しております。
実際、私もここの男性スタッフの○○さんには騙されたと思っています。

2度と治験には関わりたくないですね。

<管理人より一言>
我々スタッフもここに関しては、金銭誘導やボランティアへの不適切な案内や対応、治験参加中の画像掲載と
何が起きても不思議ではないボランティアサークル?(人材派遣会社)と思っております。
実際、当サイトで記事になったものに関しては全て記事自体の信憑性を無くそうとしている様で証拠を消しております。
(内容:旧HPの消し忘れ、ミクシィのコミュニティの存在、金銭誘導や物での誘導、Curvaスタッフと治験参加中ボランティアの画像掲載(一年間)、スタッフの副業)
これらの証拠も記事を消した所で事実は消えませんし、当サイトでも画像は証拠として保存させて頂いております。
又、今回の記事でたくさんの読者が画像資料や情報を送ってきてもらい、皆様の関心が非常に高い事も伺えます。
 
その他にも親会社の富士バイオメディックス及びFCS(フジクリニカルサポート)や観音台クリニックと桜会病院が医学ボランティア会Curvaと同一グループ
という証拠も掴んでおりますし、当サイトも他にも気になる事があり調査を進めております。
今後の動きに注目ですね。

この度、6月29日の記事(Curva記事のご報告)UP後にたくさんの御意見や疑問などを頂き、皆様の関心が非常に高い事が伺えました。 しかしながら、投稿数や資料の多さの中で対応できないものもあり誠にすいません。
そのため今回、御意見&疑問などを頂いた方々の了承を得た人のみ一部ですがUPさせて頂きます。

匿名希望さんよりの投稿?

6月20日の記事で掲載されていたcurvaのミクシィ内のコミュニティが7月9日の確認時点で消失しておりました。
他にもこの治験情報局ブログで掲載された内容のほとんどが前まで確認できたのに現状で確認がとれない様になっております。
上記から察するにcurva自体が募集方法に非を認めた事になると思います。
それであれば、今回治験参加中の画像及び金銭誘導での勧誘が事実という事になり医学ボランティアをしている自分にとっては非常に遺憾に感じました。

<管理人>
今回の記事が送られてきてから確認をした所、
確かにミクシィ内におけるcurvaさんのコミュニティは
消失しておりました。
結果的にcurva様が今まで行なってきた募集方法や個人情報保護などの根本的な事に対して問題があったと認めた可能性が高いと思われます。

匿名希望さんよりの投稿?

今回、治験情報局ブログの記事をずっと読ませて頂き非常に興味が沸きました。
その中で、curvaスタッフの方が金銭誘導などを促したり治験参加中の画像を不特定多数が閲覧できる様に流しているというのは重大な問題なんだと認識させて頂きました。
その中で、上記の様な行動をおこすという事は単純にcurvaさんのスタッフの認識の甘さだけで済むのでしょうか? 
記事の掲載を下げるなどだけではなく、然るべき説明が彼らのHP上であっても良いと思い憤りが隠せません。

<管理人>
匿名希望様の憤りは最もと感じます。
然るべき説明をしてもらえれば一番良い形と考えますが現状のcurva様の対応を見ている限りでは、みなさん同様に感じていると思いますが問題点の記事のみを下げているだけだと思います。
後は、非を認めて正してもらいたいと思う限りです。


匿名希望さんよりの投稿?

私も今回の記事を拝見させて頂く中で、いろいろ考えさせられて頂き自分なりに調べてみました。
ただ、どこの医学ボランティア募集サイトでも近からず遠からずで無料会員に登録すると謝礼金が拝見できるシステムになっている様です。
今回のcurvaさんの場合ですと明らかにスタッフが率先して行なっている事が明白であり不特定多数が謝礼金を拝見できて金銭誘導として問題があるのはわかりますが、やはり他の医学ボランティア募集サイトも方法手段(直接的な金銭誘導と間接的な金銭誘導)が違うだけで結果的には同じだと思います。
今回の治験情報局ブログさんの記事をきっかけに全ての募集サイトが再度金銭誘導などを見直していただければと思います。

<管理人>
私も同じ意見です。
今回の記事は、あくまでも氷山の一角だと認識しており他の所でも今回ほどではないですけど似たようなケースもあります。 医学ボランティア募集サイトだけではなく、現状ですと施設所に問合せなどをしても謝礼金を内緒で教えてくれる施設所もあり、業界全体でこの様な風紀が暗黙の了解で認めてるのも事実の様です。
ただ、中には謝礼金などを教えてくれない施設所も実際にありますので全部とは言いませんがこの問題は業界全体で取組んでもらいたいものですね。

匿名希望さんよりの投稿?

自分はmixiからcurvaに去年(2006年6月ぐらい?)登録をしました。
その頃から謝礼金なども電話問合せの時やmixi,メールなどで普通に教えてもらえました。
実際、ここのサイト(治験情報局ブログ)をみるまではcurvaの募集方法などに疑問をもちませんでしたし、重大な問題なんだという事も認識していませんでした。

現状で思うにスタッフの方の募集方法の認識の甘さが浮き彫りになりこの問題になっていると思います。
僕がこの様に思う理由はスタッフの方が副業(歌○場のキャッチや代理店)などをしているからだと思います。
二足の草鞋とは、医学ボランティア募集などの責任ある業務を行なっているにも関わらず不謹慎だと思い管理体制自体の問題にも繋がってこないのかが不思議です。

<管理人>
匿名希望さんから頂いた情報を元に調査させて頂いた所、確かにスタッフの方がmixi内において医学ボランティア募集を平行しながら、自身の紹介ページにおいて副業(歌○場のキャッチや代理店)を認めている文面がありました。 以下はその文面です。

「副業はいろいろあるのですがたまに手伝っている歌○場のキャッチを109前でしたりいくつか代理店したりといったかんじですね♪最近はFXに興味を持ち出して今最先端な方法で運用しています!いろんな仕事に関与したがるので面白い話がありましたら教えてくだパイ☆ 」

一体、医学ボランティア会curvaとはどの様なスタッフ管理を行なっているのか疑問をもちます。
自社スタッフが医学ボランティア募集以外にもキャッチや代理店などの業務を行なっている事は倫理上問題ないのでしょうか?
匿名希望様の御指摘も最もだと思います。


匿名希望さんよりの投稿?

僕は観音台クリニックに登録をしており6月29日の記事を読ませて頂き驚きました。

治験というのは個人情報保護がされないものなのか?と一瞬懐疑心をもちました。
また、こちらの施設所が都内○○病院という事もあり是非とも真偽の究明を問題の施設所には提示して頂きたいものです。
また、観音台クリニックでも上記の様な問題は発生していないのでしょうか?

どの様なメールを観音台クリニックさんに治験情報局ブログさんが送ったのかはわかりませんが、観音台クリニックにちゃんとした説明をしてもらいたいものです。
不安でなりません。

<管理人>
匿名希望さんが不安になるのも無理もないと思います。
御自身が参加されている情報か画像がネット上などで流れていると考えるだけで怖いですよね。
当方としては、先方にはメールで質問を送らせていただいておりますので後は観音台クリニックさんの返事待ちの状態です。

他にも多数の方々の御意見などを頂きましたが、対応できる数ではなく誠にすいませんが、一部のみのUPとさせて頂きます。 今後もよろしくお願い致します。

管理人の佐藤です。
当サイトにお問合せ頂いている6月20日のCurvaの記事なのですが、報告させていただきたいと思います。
 
現在、この記事が掲載されたのが原因かどうかわかりませんが、次の日(6月21日)に
mixi(治験情報コミュニティ)を確認した所、問題の記事などは全て下げられておりました。
記事を下げたということは、多少なりとも募集方法に非があったのを認めたのかもしれません。今後は動きを見守る事にしようと思っております。
(みなさんの沢山の資料提供ありがとうございました。そちらの資料等は提出すべき機関に提出いたしましたので、今後はそちらにお任せしていきます。)
 
ちなみに提出すべき機関というのは、臨試協に資料添付の上送らせていただきました。
その後、臨試協に電話で問合せをいたしましたが、スタッフの方が「事務長には転送しておきました。」
というお答えのみで留まっております。
その後は、臨試協の判断に委ねたいと思っております。
 
また観音台クリニックにもメールで問合せをした所、内容は伏せさせて頂きますが、
先方から返信がありました。しかしながら、その後こちらが確信をつくようなメールを送ったのかもしれませんが
返信がきません。
 
ちなみに今回は、みなさんに見せたい衝撃画像があります。
下記画像なのですが、今回問題のmixi内のCurvaのコミュニティに治験の一コマというタイトルでUPされておりました。
(現在(2007年6月27日)は、画像は下げられておりました。)
しかしながら、画像を見ていただければわかる様に、この問題の画像は遺憾ながら2006年7月20日から約1年近くもmixi内とはいえ
不特定多数に晒されていたのです。
画像をみるとスタッフの方が「友人が治験参加していたので写真を撮りました。」と記入されております。
ちなみに施設所で治験参加中に撮影などしていいのでしょうか?
これで個人情報などは守られているといえるのでしょうか?
施設所も今回の事を了承したのでしょうか?
 
そんな事よりもわかりきっている事は、治験などの仕事に携わっている人たちがどんな理由にしても
率先してやる事ではないことは確実です。
 
ちなみにこの問題画像が撮られた施設所ですが、多数の情報提供者によりますと都内○○病院の様です。
とてもじゃないですが、個人情報も守れない様では怖くてここの施設所では治験参加もできません。
 
我々ボランティアは、個人情報も守られない環境の中で晒し者なのでしょうか?
 
また今回の記事を持ちまして大変反響がありましたが一度この問題には
終止符を打ちたいと思っております。
皆様の資料提供や情報提供などの御協力ありがとうございました。
 
※今回問題の施設所ですがみなさんの情報提供により特定はされましたが、
  あまりにも内容がハードですので施設所名は避けさせていただきます。

私は医学ボランティア会に属しているものですが、私は、mixiでCuRVA(JMRS)医学ボランティア会に登録をしました。

医学ボランティア会のスタッフの方が運営しているようで謝礼金などものせていますし、コミュニティTOPに報酬例ものせているので分りやすいですが、ここのサイトをみていたらどうも金銭誘導しているようにもみえますので投稿させて頂きました。

コミュニティ名は、治験情報コミュニティです。

※管理者 記
当方で確認した所、確かに謝礼金の方が高々に上げられており悪質な金銭誘導との見方が強いと思われます。
特に医学ボランティア会(Curva)スタッフが率先して検索用語に(アルバイト、仕事、高収入アルバイト)をのせたり
金銭誘導しているこの状態は、GCPなどにふれないのでしょうか?
こういった所に依頼をしている施設所は、この状況を把握した上で募集をお願いしているのかどうかが焦点になると思います。

ちなみに募集していたのは、つくば市と書いてありますので観音台クリニックとみて間違いないものと思われます。

他にも埼玉県などの愛和クリニックの試験も謝礼金を記載しての堂々とした募集をしてました。
今回は、上記問題に対して施設所は、どのように考えているのかを電話で問合せしてみようと思っております。

又、下記が当方スタッフにより集めた画像記事となりますので御判断は皆様に委ねます。

※この記事が掲載されたのが原因かどうかわかりませんが、次の日(6月21日)に
 mixi(治験情報コミュニティ)を確認した所、問題の記事などは全て下げられておりました。
 記事を下げたということは、多少なりとも募集方法に非があったのを認めたのかもしれません。今後は動きを見守る事にしようと思っております。
 (みなさんの沢山の資料提供ありがとうございました。そちらの資料等は提出すべき機関に提出いたしましたので、今後はそちらにお任せしていきます。)

-----------------------------------------

CuRVAmixi


CuRVAmixi


CuRVAmixi


CuRVAmixi


CuRVAmixi


CuRVAmixi


CuRVA(JMRS)の証明書エラーのページがネットに転がってました。
しかもなぜか他のページは見つからず、「お問い合わせ」のページだけでした。

問題のページ⇒https://www.jmrs.co.jp/contact.cgi

ここのページには、

・会社概要
・CuRVAについて
・事業紹介

等がありましたが、どのページも「見つかりません」になってしまって見れないです。
他のページは消してあるのに、なぜこのページだけ残っているのでしょうか?
とても気になります。

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうちCuRVA(JMRS)カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリはCOMCOMです。

次のカテゴリはe治験ドットコムです。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ