カレンダー

«?2010年12月12345678910111213141516171819202122232425262728293031

治験クラブの最近のブログ記事

治験クラブの電話問い合わせのアンケート内容結果です。

電話アンケートの内容
登録について 治験クラブでは電話受付をしているようです。ちなみにネットではサイト登録のみで電話でないと申し込み案内はしてもらえませんでした。
電話対応 女性スタッフで普通の対応でした。
アンケート
所要時間
10?15
アンケート項目 ・名前と生年月日
・住所と電話番号
・現在の職業
・今までに治験に参加したことがあるか
・国籍と親族に外国籍者がいるかどうか
・たばこはどのくらい喫煙するか
・身長と体重(BMI値)
・薬物アレルギーがでたことはあるか
・食物アレルギーがでたことはあるか
・アトピー性皮膚炎がでたことはあるか
・喘息がでたことはあるか
・ アレルギー性鼻炎がでたことはあるか
・てんかん・心臓病などになったことはあるか
・虫歯はあるか
・献血をしたことがあるか
・今までに手術をしたことはあるか
・刺青があるか
・水虫があるか
謝礼金 教えてもらえます。サイトでも掲載しています。
長所 治験紹介業者の中では、アンケート項目がかなり厳しいようです。ここから紹介される施設所は3,4箇所と少ないですが、そのかわりここから紹介された治験は通りやすいように健康診断についてのアドバイスなどをしているようです。
短所 長所で記載した、「アンケート項目の充実」ですが、これによりアンケートが多少時間がかかってしまうようです。
総合評価 アンケート項目が厳しいですが、それはボランティアの立場を考えて、治験に参加しやすいように親身になって応対しているのだと当方は考えました。
健康診断のアドバイスなども、治験を知らない人にはうれしい情報だと思いますので、この評価をつけました。
75/100点


私は治験クラブに登録する前は、他の所に登録をしていて何度健康診断をしても何かしらの項目に引っかかってしまい落ちておりました。

しかも、落ちた試験所では毎回明確な改善方法などを教えてもらえずに、次回の治験案内などを教えてもらい健康診断を受け続けていました。

そんな時にネット検索で治験クラブさんに出会い、駄目元で試験に申し込んで見た所、電話にてアンケート協力をしました。

その時に、自分が毎回健康診断で落ちる事などを説明したら治験クラブさんの方で、適切なアドバイスと引っ掛った項目などの原因を調べてくれた事は大変有難く思いました。

その後、健康診断を無事に受かり治験参加に至りました。

私も初めての治験は、治験クラブを通して参加しました。

試験数こそ少ないかもしれませんが、サポートという意味ではメール対応ではなく電話対応なので安心しました。

特に治験の合格アドバイスは、今思うと当たり前の事?なのに忘れがちだったりするので役に立ったと感じております。

治験という言葉を知り合いから聞き、ネットにて検索した中で一番デザイン的に気に入ったのが治験クラブでした。

また、他のサイトと違い無料で紹介してくれて電話対応などが印象的でした。

特に電話対応においては、こちらの質問なども丁寧に答えてくれて治験への合格ポイントなども教えてくれるおかげで、無事に申し込んだ治験に合格できました!

折角、日程空けたのに健康診断に落ちてしまっては謝礼金も何もないのでこの治験への合格ポイントが、ここのサイトの強み?ではないでしょうか?

オススメです。

治験クラブについて

|

※こちらを通じて治験に参加された方へ

参加した治験の内容、参加した治験が行われた施設所、
またこの紹介業者の良かった所、良くなかった所などのご意見をお待ちしております。

治験クラブの紹介内容です。

これ以外にも、詳しい内容があれば、公開したいと思います。

URL http://www.tiken-club.com/
代表者  (※メール営業担当 広末)
運営開始 ?(調査継続中)
紹介料 無料
キャッチフレーズ 無し
会員数 約3000名

■申し込み方法
「新薬ネット」「臨床ネット」では登録や治験参加申し込みについては
電子メールをによるやり取りである。

しかし、紹介料の振り込み確認などで多少時間がかかる。

ところが、「治験クラブ」では電話による申し込み方法に無料紹介とともに切り替えたので、
治験参加申し込みにおける所要時間を大幅にカットしている。

■情報量、サービス
治験情報は関東圏内に限られ、「新薬ネット」「臨床ネット」ほどの情報を持っていないが、
初心者でも参加しやすい試験の紹介など、比較的質の高い情報提供を心がけているようだ。

サイトにサポート資料を整えているだけでなく、
電話申し込みによるサービス、サポートもある。

■NEW!
最近では、施設所や企業などから日程情報を広告として告知するサービスを始めたようです。
広告によりボランティア希望者募集して、電話応対によるアンケートをとるサービスらしい。

■その他
携帯サイトでの治験情報紹介、自社およびスタンドによるメールマガジン配信を行なっている。
メールマガジン配信「ミニまぐ」と「ミニまぐ(携帯版)」

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち治験クラブカテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは治験インフォです。

次のカテゴリは治験ナビです。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ