治験情報局ブログでタグ「臨床ネット」が付けられているもの

 

投稿者:管理人

 

2010年3月16日にUPした 「臨床ネット 「卵子提供ドナー募集(謝礼金35万円)」 コ・・コワ」

ですが・・・久しぶりにのぞいてみたら。

                    ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

 

 

 

 

 

投稿者:管理人

 

臨床ネット(有料サイト)が新しくリニューアルしてましたので投稿しました。

その中身について簡単に調べてみました。

 

HPのリニューアルのみでURLなどはかわっておりませんでした。

http://rinsho.org/
代表者 松本
運営開始 2000年
紹介料 2500円

相変わらずの紹介斡旋方法のようである。

 

■治験に関する参考情報をブログで掲載。

http://rinsho.blog23.fc2.com/

 

 

 

 

 


臨床ネットのスタッフが運営しているブログ『臨床ブログ』っていうのがあるんだけど、そこをみているとどんな人が臨床ネットのスタッフなのかある程度分かるよ。

最近では健康診断をして自分の結果をブログで報告してた。

試験に関してのこぼれ話とかものってるから、みておくと参考にもなるかも。

自分も臨床ネットを使って、治験に参加したかったんですが、治験に参加するには細かく条件があるとは、思いませんでした。

お金を払った後に気付いたので、治験参加を諦めました。

どんな条件に引っかかってしまったのかと言いますと、「日本国籍を有する黄色人種 (白人・黒人・ハーフは不可)」という内容です。

自分は台湾人を父に持つハーフなんです・・・。

きちんと文章を読んでいれば、こんな事は無かったのですが、全くもって残念で仕方ありません。

※管理者記

確かに臨床ネットに限らず、こうした事例は良くあります。

きちんと確認をしていればこのような事態には陥らないのかもしれませんが、もちろん業者側もきちんと明記する必要はあると思います。


2500円で治験に参加できる?

僕は大学生である程度時間に余裕があったので、治験参加を希望していたのですが、聞く所によると施設所に登録している紹介者がいないと治験に参加出来ないそうです。残念ながら自分の周りには紹介者がいませんでした。

そんな人はホントにいるのか?都市伝説的な感じもしましたが、どうしても参加をして見たい一心で、とりあえずネットで「治験」や「バイト」などで検索してみました。

いくつか検索した結果、上位に何度も同じ治験紹介サイトが目に付きました。

どうやら臨床ネットという名前でして、とりあえず良く調べた上で、申し込みをして見ました。

すると返信されたメールに振込口座を含むご案内が来ました。

口座番号を慎重に確認した上で、後日指定金額の2500円を振り込んだところ、

そのまた後日に申込のご案内メールが届きました。

振り込んだ後、「本当に返事が来るんだろうか?」

「もし届かなくても、2500円はあきらめがつく定額なのかな?」

などど、不安になってはいましたが、取り越し苦労でした。

今現在、都合もあり試験参加の申込はまだしていませんが、夏季休暇の時に参加をする予定です。