カレンダー

«?2008年11月123456789101112131415161718192021222324252627282930

2008年11月アーカイブ

 

投稿者:匿名希望
登録施設:秘密

いつも拝見させて頂いております。
先日のサンタクルーズ(管理会社ナチュラル)の記事(2008年10月6日)
を拝見させていただきました。

実際に私もサンタクルーズ情報センターを見て
信濃坂クリニックに紹介されました。

その時は、定期連絡だけをやりとりをして信濃坂クリニックに当日行きましたが
当時は信濃坂クリニック側もサンタクルーズさんの募集方法を知っている様な口ぶりでした。
なぜなら、信濃坂クリニックの登録健康診断に初めていきますと紹介者などを書かされます。
他の方々はそれぞれの紹介者を書いておりましたが、

自分の場合は「書かなくてもわかっているので大丈夫です」と信濃坂クリニックのスタッフさん

に言われました。

間違いなく信濃坂クリニックさんも了承しているものと思います。

私も治験を初めて知ったのですが、こちらのサイトを見てからは
「ボランティア」という言葉自体を隠れ蓑に好き勝手に募集会社や一部の治験施設が
やっている様にしか見れなくなっております。

そもそも株式会社ナチュラル(http://www.natural-company.jp/
という、なぜETCや中古車販売の会社が治験募集しているのかが不思議です。

治験ボランティア募集というのは、何か認可が必要じゃないのでしょうか?
誰でもいつからでも募集ができるようなものなのでしょうか?
それであれば、とてもじゃないですが「治験」自体の安全性に疑問をもちます。
なぜなら、中古車販売している会社が「人の命」を左右する業務をできるとは思えません。

現在ですと主な情報提供方法は余程、人の集まりが悪くない限りは
過去に紹介した人たちや新たにHPより会員登録した人以外には目立つアプローチを
さけている様です。

<以下、抜粋>
募集方法としては現在、サンタクルーズクラブにお申込み頂いている方優先
でメールにてご連絡させて頂き、人数が集まらない 場合はホームページで募集行います。
サンタクルーズクラブ会員様には随時、新着情報をご提供していきますのでお気軽に
お申込み下さい。 *登録料、年会費等は一切かかりません 

<管理人>
投稿者様の言うとおりだと思います。
「ボランティア」という言葉を巧みに使い分けている所は
最近良く見受けられます。
ちなみにサンタクルーズの一番下には株式会社ナチュラルさんが募集代理店と書かれております。
代理店と言うことは信濃坂クリニック側も了承しているという事になります。

これが現実の様です。

違うのであれば、ここまで細かく試験募集も掲載されてないでしょう。

また勝手に募集代理店と名乗っているのであれば「治験」全体のイメージダウンにもなりかねません。
本当に無関係であれば信濃坂クリニック側も法的に何らかの処置を講じているものと思います。

ただHPが前と変えてきているという事は、何かしらのアクションがあったものと考えております。
そのため、前の様な「信濃坂クリニック」の名前だけは消えているものと思います。


 

投稿者:匿名希望

先日、治験情報をネットで検索していたところ、

次の写真のようなサイトを見つけました。

 



 

お金の写真まで掲載されていて治験へ参加すると必ず高額謝礼が貰えると

いう感じですね。サイト右下の「高額アルバイトに参加する―クリック」を

クリックすると次の画面に変わります。


 


 

こちらもお金を前面に出しており、「最高100万円」等と謳っています。

ここでは、日程も出ていて各治験に対する協力費が掲載されています。

いったいどこが募集しているのかと思って、サイト左上の「治験に参加する」

をクリックしました。

すると次のサイトへと繋がりました。

 


 

皆さんお馴染みのクリニカル・トライアルです。

やっぱりかって感じです。

もちろんクリニカル・トライアルのサイト上には、金銭等は、表記はありませんでした。

管理人さん、どう思われますか?

 

<管理人より>

手が込んでますね。

最初のサイトからクリニカル・トライアルのサイトへ誘導された方は、

金銭の額に釣られてたどり着いた方ばかりでしょうから、

金銭誘導ですよね。

仮にクリニカル・トライアルのサイト上に金銭の表記がなくても

入口サイトまたは誘導サイトが金銭表記をしているのは、問題です。

こういった手法を使っているのは、何もクリニカル・トライアルだけではありません。

次の写真を見てみてください。

 

 

上記のようにクッション的な別サイトからVOBへと誘導されます。

ここでは、明確な表記はありませんが、「数万円程度から泊まり込みのもので数十万円」と出てい

ます。しかも太字で。

自社サイト上で、直接金額表記すると問題ですので、ダミーサイト上で、金銭表記もしくは誘導するの

は、どうなんでしょうか?

同じことですよね。

 

投稿者:匿名希望

こんにちは。

いつも有益な情報ありがとうございます。

前回、ブログに出ていた興和ビジネスサポートですが、

以前に一度治験の申込みをしたことがあります。

他の会社から治験を参加したこともありますが、その時は、事前に

いろいろ確認されましたが、興和ビジネスサポートの場合は、

ネットから申込みましたが、確認事項もほとんどなく、その後電話が

受けましたがそれ以上の確認はなかったです。

確認もなく参加となったので、少し不安を覚えたのを覚えています。

ではこれからも頑張ってください。


<管理人より>
貴重な情報提供ありがとうございます。

こちらの方でも調べてみました。

応募方法は、電話とサイトからと2種類あるみたいです。

たしかにサイトからでしたら、先ず最初に個人情報を入力し、

次の画面へ進んでいきます。

その画面がこちらになります。


 

確認事項を列記してみます。

Q1.自覚しているアレルギー症状はありますか?

Q2.今まで手術を受けたことがありますか?

Q3.過去に大きな疾患の既往歴はありますか?

Q4.服用中のお薬や治療中の疾患はありますか?

Q5.タバコは吸いますか?

Q6.お酒を飲む頻度はどのくらいですか?

Q7.視力矯正はしていますか?

以上の7点です。

他所であれば
・アトピー性皮膚炎はでたことがあるか
・喘息はでたことがあるか
・アレルギー性鼻炎(花粉症を含む)はでたことがあるか
・薬物アレルギーはでたことがあるか
・食物アレルギーはでたことがあるか
・現在、使用中の薬・サプリメントなどはあるか
などのように細かに確認されるはずです。

投稿者様の言う通りに現在行われているなら、杜撰な限りです。

私が施設側の担当者ならこんな会社怖くて使えないという感じです。

ましてや興和ビジネスサポートという会社は、人材派遣の会社です。

募集の際に、人材派遣の仕事、治験ボランティアは、ちゃんと区分けされているのでしょうか?

混合されていないのでしょうか?

それ以前に人材派遣の会社が治験斡旋をしていること自体、どうかと思いますが。


掘り下げるとキリがないですが、Q1のアレルギー症状ですが、試験によっては、

既往歴も問われるものもあると思いますが、全てスルーなんでしょうか?

Q7の視力矯正はしていますかの質問がなぜ入っているのかと思います。

眼科試験の場合は、必要な項目だとは思いますが・・・。

いずれにせよこの会社の治験に対する認識の薄さが伝わってきます。

 

こういう会社を業者として選定している小金井橋クリニックの質も同様ということなんでしょうか?

お伺いしたいのは、同クリニックは、こういった募集をしている会社だという認識があるのでしょうか?

関係者の方、この記事を見られたらご意見をいただければと思います。


 

このアーカイブについて

このページには、2008年11月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2008年10月です。

次のアーカイブは2008年12月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。