カレンダー

«?2007年12月12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2007年12月アーカイブ

たしかにmixi内での不特定多数への募集というのは、実施機関などにとっても目につきにくいので監視などはしていないと思います。
ですので、本来人材依頼をしている実施施設所が監視すべき事ができずに、上記のような人材斡旋会社による非モラル的な行動が常時横行しているのではないでしょうか?

それに促されて、一部の医学ボランティアも紹介料などを全面的に出しているS坂クリニック,S研究所etcなどに紹介料欲しさで
mixi内にて謝礼金掲載による金銭誘導などをするのではないでしょうか?

事実、私もmixi内にてS研究所を紹介された際に下記のような文面で頂きました。
下記がその内容です。

治験詳細です。
病院名・S野病院

場所・池袋駅西口徒歩10分

ホームページ
○ttp://www.e-○eki○o.com/entry/index.html

上記のホームページからアドレス・生年月日などを登録して、初回の説明会に参加してください。
面倒な場合はネットで【○野病院 治験】でも検索できます(^-^)
その際
【紹介者】ウ○○○○ル
0○0○○○○○○○○
と書いていただけるとありがたいです。
場所が少々わかりにくいので,ホームページできちんと調べて行くことをお勧めします。
またわからないことがあれば聞いてください

自分は、現在本所クリニック(旧大崎クリニック)に登録しております。

通常の実施機関ですと、紹介者の名前だけをきく形式で紹介者側への質問は不問の所が多いのですが、
ここの紹介方法は紹介してもらう方は紹介者の名前を聞かれ、紹介した側には被紹介者を聞かれるという点です。

そういった事を実施している背景には、新薬○ットなどの有料紹介業者からの受付を阻止する為と思われます。

10月9日にUPされた「VOBに登録して不便に感じた所」と同じ意見をもつ者です。

結局の所は、タダより怖いもんは無いって事ですね。

こういった無料で登録できる治験人材斡旋会社たちは、普通のグッ○ウ○ルみたいな人材派遣会社と変わらない隙間業者であり
ほとんどやっている事も変わらないと思う。

グッ○ウ○ルみたいな人材派遣会社は、人材における労働提供という名目があるけど治験人材斡旋会社においては、
労働ではなくボランティア精神を巧みに操っている。

もし本当に 治験=ボランティア なら、実施施設所が率先して募集を実施すべき事だとおもう。
それを治験人材斡旋会社が代行している時点で 治験=ボランティア という定義は破られていると同然だと思います。
またこういった治験人材斡旋会社が行なっている募集方法(不特定多数に対する金銭誘導)を黙認している実施施設所にも責任があると思います。

治験=ボランティアというのは既に建前であり実際は、ボランティア=ビジネスとなってしまっていると僕は感じています。

投稿者:匿名希望

北里大学東病院に登録しています。
下記がその治験管理センターのHPです。

http://www.ehp.kitasato-u.ac.jp/ehp/chiken/index.html

ここの施設所は、除外基準などがそこまで厳しくないですよ。
ただ自分は大分昔にココの施設所に登録したのですが、
当時は飲み物はコーヒーもポカリスエットもOKでしたよ。

今でも入院前日は近くのホテルに泊まって当日入院しているのだろうか?

投稿者:匿名希望
 
神田・明和病院の治験に参加してきました。
ここって遅刻や規則違反に対する減額表があるんですね。
基準が明確って意味ではいいのですが・・・・ボランティアに
厳しい割りに待遇や対応はルーズですね。
再検査のときに交通費をはだかで机の上に裏返しで置いて
'もってけ'みたいな対応にはちょっと腹立たしかったです。
前からいるベテランの看護師さんです。
入院時の説明に'アルバイト'って言葉を何回か使ってましたし、
約30人も入院したのにシャワー室が一つ!「時間的に全員
入れませんが、一晩だからガマンして下さい」って・・・・?
医師の診察は聴診器を軽く二箇所当てるだけで、流れ作業
みたいな感じです。あれじゃあ心音も聞こえないでしょうね。
採血も下手な看護師がいて何回も時間に遅れてました。
治験に10回以上参加してますがワースト3に入る施設ですね。
 
 医学ボランティア会の協力費・減額表ですが、
 主なものは
・遅刻 連絡有 500円/30分
        無  750円/30分
 (電車遅延で連絡有は除く)
・通院日の欠席(事後検査) 10,000円/日
・入院中の注意事項違反   10,000円/日
・入院前の注意事項違反     5,000円/日
・入院中の外出(正当な理由があり、緊急を要する場合に限る) 1,000円/回
・入院中の指定時間外の入浴  1,500円/日
 
などです。ただ私が参加時に1期2期とも数名遅刻しましたが、減額無のようでしたが・・・
あと、気に入らないのは1期2期ともに退院日の翌日検査結果を自分から問い合わせ
しないといけないところです。フリーダイアルとはいえ、合否結果以外でボランティアに電話
させるのはここくらいでは?
 
管理人の意見
最終結果問合せが自分からというのは、非常に失礼ですね。
協力して頂いているという気持ちがない証拠だとおもいます。
ですので、お話ししてくださった「アルバイト」という言葉がでているのだと思います。
基本的に治験はアルバイトではなくボランティア又はペイドボランティア「有償ボランティア」です。
後者の言葉は、海外では当たり前の言葉となっております。
医療機関側としても、もう少しドクター及びスタッフレベルの底上げとモラルを保ってもらってほしいですね。
少なくても彼らの給料は、我々ボランティアの協力なくして支払われないはずです。

このアーカイブについて

このページには、2007年12月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2007年11月です。

次のアーカイブは2008年1月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。